新着Pick

米銀行ストレステストの透明性向上へ、FRBが修正案

Reuters
[ワシントン 7日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は7日、銀行ストレステスト(健全性審査)のプロセスを修正することを提案した。市場のショック時にポートフォリオがどう変動するかについて、銀行側に提供する情報を大幅に増やすことが狙い。
13Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
金融危機後の規制強化策であるストレステスト(CCAR:包括的資本分析)の緩和策をFRBが公表しました。
ストレステストは、FRBが提示したシナリオ(金利がX%上昇したら•成長率がY%低下したら)に合わせ、金融機関は経営に与える影響をテストするものです。これに対し、FRBが独自のモデルを使ってテスト方法を採点するのですが、これまではこの採点方法(モデル)がブラックボックス化されており、これに対する批判が多くありました。
今回の提案では、不透明との批判があったモデルやプロセスの情報開示をするものです。「規制緩和をしろ!」と主張しているトランプ政権下、規制緩和が具体的に動き始めたと評価できます。