新着Pick
238Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
なんとかオジサンと言われるかもしれませんが。

「採用担当者の仕事とは何か?」
というのを週に一回くらい本気で考えてて、最近明確に一つの結論が出たんです。考え自体は変わらないのですが、明確な言葉になった。

それは「学生が自分自身で、自分が後悔しない道を選択できるようにすることだ。」です。これを僕は「曇った眼鏡を晴らす」と表現しています。佐山さんがよく10年後の自分を想像せよと仰っていますが、考え方としてはそれに近いです。

小学生に対して好きなように生きて良いよと言ったら、そりゃあ遊びまくると思うんです。でも大学生になってから振り返ったら、親に勉強させられて良かったと思う。

大学生を子供扱いする気はありませんが、私もそうでしたが学生時代には社会について触れる機会が少ないです。インターンシップは企業の宣伝活動だし、会社説明会は盛り合い。そんな中でまともな判断ができる人の方が絶対少ない。

極論をいえば、親から受け継いだ「大企業に入れば幸せになれる」を信じてる人も少なくないです。頭ではそんな単純じゃないと認識しながらも、感覚的には残ってる。とか。

で、学生が自分の頭でちゃんと考えて、社会を知らないために考えがズレているところを指摘して、っていうのをやるまでで良いんですよ。

で、ちゃんと考えた上で選んでもらえるなら他社に行こうが自社に入社しようが、ハッキリ言ってどっちでも良い。むしろちゃんと考えて自社が選ばれないなら、会社が変わらないといけない。ってことで良いと思うんです。それが私流の「正直に働くこと」です。
作業服着て雨の日も風の日も炎天下でも極寒の空の下でも毎日毎日毎日毎日集配し続ける私たちは「ひたすら個性を没してただただ我が職分を貫徹し続けること」ができるという、個性を持っています(笑)。
リクルートスーツに袖を通した時、「また制服着るのか...」と思っちゃいました。
格好つけて「人間力」とは言わず、素直に「うちに合いそうか」で選びますと言った方が、落ちたとき諦めがつく。
とりわけ特殊な"成功者"の大胆すぎる強者の論理は信じない方がいい。そのおじさんが運が良かっただけだから。その陰で、同じようなことやってて消えてったおじさんいっぱいいるから。

だけど、新卒一括採用批判は、企業の柔軟性の欠如と機会損失への批判であって、学生のというより企業のため、ひいては日本のためなんじゃ
本来であれば大学3年生の3月に採用広報活動開始、大学4年生の6月に選考開始なのだが、「インターンシップ」という名のもとで、早期接触が行われている、とのこと。いい加減に「就活解禁」制度はやめるべきです。
「個性」「人間力」と口を揃える採用担当者の個性、人間力とは。
個性や人間力がないシトなんてがんらい存在しないので、企業のミッションや組織の論理を理解しつつも、ときには対峙したときの軸を持っているかということなんでしょうね。
それでもなお企業の採用方針に疑念を持ったなら、やはりD進ですね。