新着Pick

公務員のゴルフ解禁も=林文科相、倫理規程で

時事ドットコム
林芳正文部科学相は7日の参院文教科学、内閣両委員会の連合審査で、国家公務員倫理規程が利害関係者との「遊技またはゴルフ」を禁じていることについて「唯一ゴルフのみが制限を受けていることは、スポーツ振興の観点から検討すべき課題だ」と述べ、ゴルフ解禁に前向きな姿勢を
81Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ゴルフは解禁しなくていいので、公務員がもっと気軽に、いや進んで民間の懇親会や飲み会に来られるようにしていただけませんか。
接待による遊興に行き過ぎはありましたが、その反動でできた公務員倫理法の縛りで官僚は内向きになり、民間とのパイプが細り、民間の風に当たっていたら出てこないだろうおかしな政策を繰り出すようになりました。
大蔵省接待汚職事件→公務員倫理法から20年。官民の距離を見つめ直していい頃合いかと思います。
「子供から高齢者まで幅広い年齢層、収入層で親しめる大衆化した国民スポーツとして定着している」
個人的にはまだまだ一定以上の収入がある層が行うイメージが強いです。
また接待ゴルフのイメージも同様に強いなと。

ゴルフをスポーツとしてより広めるということを考えるのであれば、公務員のゴルフ解禁より子供達がより気軽に楽しめる機会を作る方が良いように思います。
そもそも利害関係者との(公務以外での)過度の接触はよろしくないわけですが、ゴルフだけ例外にする意味は全くない。もちろん自腹であればです。
安倍首相とトランプ大統領のゴルフ交流を忖度したんですかね。

ちなみに中国では、共産党員に対する接待ゴルフ禁止令が2015年に出て以降、競技人口やゴルフコースが減っています。

それに逆行するかのように、最近ゴルフを始めた私(笑)
なんでそこまでゴルフを憎むのか
今さらゴルフを始める公務員はいないのでは。

クラブを揃えるのに相応の金が必要だし、まともにプレーできるにはレッスンを受けたり、場数が必要。
何より空いた時間の使い方が変わっており、これらをやめてゴルフを始めるインセンティブを持つ方は少数かと。