新着Pick
363Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
新興国などにマネーロンダリングの需要があるから、匿名性のあるビットコインの高騰が正当化できるという趣旨の記事です。でも実際には、ビットコインには匿名性はなくて、資金移動をトレースする仕組みや実名と公開鍵をリンクさせるために各国捜査当局や規制当局が情報蓄積を進めているので、マネロン目的の需要は限定的でしょう。むしろ、最近の取引通貨の第1位が日本円であることを考えると、マネロン実需説は説得的ではありません。貯蓄から投資の動きも、株価か堅調な中で、いくらでも伝統的金融商品で投資できるのだから、ビットコインに投資する特別の理由にはならないでしょう。
--
結局のところ、キャピタルゲインを求めて個人の資金が集まっているという説明で十分だと思います。妙な説明で相場を正当化する言説が出てくるのは、こういう時期にありがちな話ですけどね。
ゼロサムだということを理解してない人達が、いけいけどんどんで買いまくってるだけ。
含み益は死ぬほど税金がかかり、損失は相殺も繰越も不可。
今から参入する人は俗に言う情弱だけでしょう。

だいぶ前から投機している身としては新規参入はありがたいのですが。笑


個人的には価格なんかよりも、ブロックチェーンという技術を活かしたサービスがどんどん出てきて、どんどん便利になってほしいです。
つまり人気があるかどうか、それに尽きるわけだわ
これは肌感としてありますね。例に先進国アメリカも途上国インドも文化の違いあれど、自分で身を守る強さがあると思います。
>日本人の大半は資産を銀行預金の形で貯蓄している。特別に大きな不安を抱いているからではない。
でも世界には、「銀行はいつか倒産するかもしれない」「政府が発行する紙幣は信用できない」と考える人の方が人口的には多い。
そもそもバブルなのかどうかという議論が必要だと思いますね。手数料安く、瞬時にインターナショナルで送金できる手段が求められているのは間違い無いと思うので、それがビットコインなのか、他の手段なのかの話では無いかと思います。