新着Pick
141Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
alibaba×スターバックスとも提携してるよ、12月5日に上海のスターバックス新店オープンセレモニーでジャックマーとハワードシュルツが揃って参加し、お客さんがコーヒーの待ち時間でも楽しんでもらえるよにデータとAR技術を使った体験型のスターバックスが上海に新しくオープン
中国のIT企業を巻き込んだ自動車業界の再編が加速しているようです。

自動車業界の4大トレンドはCASE(※)といわれていますが、今回の提携はConnectivityがメインという事でしょうか。

※つながる車(Connectivity)、自動運転(Autonomous)、共有化(Shared)、電動化(Electric)

このほかにも、シェア自転車などを運営するアリババやテンセントはShared分野で、地図サービスを運営する百度(バイドゥ)やテンセントはAutonomous分野で優位性を発揮しそうです。

世界最大の自動車市場は世界最大ですので、この巨大マーケットを狙った外資自動車メーカーとBAT(※)の提携が今後さらに増えてくるかもしれません。

※B:バイドゥ、A:アリババ、T:テンセント

自動車業界のCASEにおける、中国企業の動向に注目しています。
アリババの天猫モールではすでに、ほぼすべての新車販売において、ディーラーへの紹介サービスを行っています。本稿での表現は、「直販」を視野に入れているという意味なのでしょう。いわゆる、自動車のサービスプロバイダーの議論、中国でのブレイススルーが起こるのは、ほぼ確実でしょう。製造と販売が事実上乖離している、製販分離が自動車産業の常識である中、中国市場での変異に世界が注目しています。
フォードは自動運転分野では確かBaiduのアポロ計画に参加しているはずです。今回のアリババとの提携は自動車の販売チャネルにTモールをベースにした直販を行うことが目的の模様です。フォード社のコネクティッドカーとしての魅力アップにアリババの力を借りることになるのか、今後が気になります。
どこかでもう車でなくなりそうだしなくてもよさそう。そういう議論も含めて。とりあえず車に住めるようにはなるね。
販売を主眼に置いたIT化は売り屋の視点でしかありませんが、コネクテッドはオーナー側の視点に立った確実な将来の主流です。
販売は売り屋にとっては終着点かもしれませんが、オーナーさんにとってはここがカーライフのスタート地点。
自動車会社とIT企業または他業種との協業は、車に乗っている時と乗っていない時のオーナーさんの時間をどうシームレスにつなげるか。スマートモビリティの世界がいよいよ到来。自動車業界も100年に1度の変化でとてもワクワクできる時代です。
阿里巴巴集団(アリババジタン、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア
時価総額
52.3 兆円

業績

時価総額
5.68 兆円

業績