新着Pick
189Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国では製造業の現場で働きたい人がどんどん減っている。給料は相対的に低くても都市のホワイトカラー職を希望する人が増え、製造業者は人手の確保がままならないと聞く。中国の製造現場の自動化はまだまだこれから。雨後の筍のように現地メーカーも出て来ているが、ここは先行者としてどんどん日本メーカーに攻めて欲しい。
京都の任天堂、島津、オムロン、京セラ、村田のように、安川電が福岡発の企業群をどんどん世界に引っ張っていっていただけるとうれしい。
どんな用途で使われているのかが気になる。下記を見ると過半重量が0.5キロ。おそらくは製造・物流での組み立て・搬送がメインだが、サービス業でも使われている、といった気がする。
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1707/05/news027.html
注文が相次いでいて、在庫が無い状況だそうです。産業用ロボットの需要は、右肩上がりのようですね。
株式会社安川電機(やすかわでんき)は、福岡県北九州市八幡西区に本社を置く、産業用ロボットなどメカトロニクス製品の製造を行うメーカーである。産業用ロボットで世界シェア第4位である。 ウィキペディア
時価総額
1.32 兆円

業績