新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

969Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
前置きのくだりは完全に私の独断と偏見です。
昨日までの素晴らしい記事の後なのでハードルが高いですが、とにかく箸休めのつもりでご笑覧いただければと思います。

私の証券アナリスト人生は、2000年のユニクロのフリースブームの終焉をいち早く見抜いて、株の売り推進したことが始まりでした。
怖いもの知らずだった若き日のチワワは、誰もがユニクロの快進撃が続くことを疑わないなかで大勝負の逆張りをしました。
この功績で当時の上司(巡り巡っていまの上司でもあります)の信頼を得て、シニアアナリストに抜擢されました。

昨年までの証券アナリスト人生の後半は、スタートトゥデイさんと共に駆け抜けた日々でした。
2012年に前澤社長が送料無料が当たり前という当時の風潮に一石を投じた発言(宅配クライシス後の今では誰が聞いても正論)が物議を醸し、スタートトゥデイ株は売り浴びせをくらいました。そこは踏ん張って買い推奨を続けましたが、今振り返っても、あれは一番キツい時期でした。

そんな両雄が相まみえる時が近づいています。
ZOZOのひとりのファンとしても、とにかく早くゾゾスーツを手にしてみたいものです。
「気鋭のアナリスト」はやはり山手さんでしたか。
一つの見方として大変面白く読みました。ただ、個人的には今回の取り組みでどのくらいの人が取り込めるかは未知数ですし、NPで大騒ぎするほどは普及しない気もしています。
ZOZOは凄いとはいえ、市場の数%のシェア。ユニクロだって10%もありません。象徴的な意味として、ユニクロ市場をとる、と言っていますがユニクロを買っているひとの中で、ZOZOスーツの存在を正しく認知し、実はサイズに悩んでいて、わざわざ得たいの知れないボディスーツを頼んで、今までやったこともない採寸とデータ送信をする人が何%いるかと思うと、それほど高い割合とは思えません。ファッションには低関与で、生活動線でユニクロを買い、特に不満もないひとの方が圧倒的に高い気がします
ZOZO的には、話題作りをして実は長期戦でもよいでしょうし、じわじわ伸びていけばよい、というくらいで構えているかもしれません。あとはユニクロのフリースのようなヒット商品が出るかどうか次第なので、具体的な商品が出るのを待つことにします
まさにその通りの分析です。海外展開のことが書かれてませんが、海外展開についてもPBから行くってのは大事。WEARとの連携ができます。
Zozo vs ユニクロ、は一つのメタファーであり頭の体操くらいに捉えるのが妥当でしょう。実際のポジショニングはあまりオーバーラップしないので。

そもそもカジュアルファッションのオーダーメイドというものは、存在しない新たな市場の創造です。その一点においてユニークでありチャレンジ、成功したら途轍もない価値創造です。
冒頭のメッセージラインについての分析が興味深い!偶然というには少し出来すぎている。
ZOZOスーツと併せれば、Unique=採寸、Equal=サイズがどんな人にも合う服がある、と純粋に捉えることもできる。言葉はブランドでとても大事なもの。議論の途中で似ていることに気が付かないわけはないし、むしろ作っていくプロセスを考えればあえて似せた可能性のほうが高いように思う。

ZOZOの戦略について、未来のことだから当たり前だからどうなるか分からない。
前もコメントしたが「サイズがピッタリな服」と「自分の感覚としてピッタリな服」は違う。そこの補正は、スーツの採寸に加えて、何があうかという感覚が含まれる。着た感じもあるし、見た目もある。購買の意思決定はそこの両軸で、あくまでもその基礎となるデータ、これだけで完璧なデータではない。

とはいえ、まずそもそも記事に書かれているように詳細なデータがあるからよりパターンをデータをもって作りやすくなるのは間違いないと思う。
あとは、感情面で「これは自分のために作られたものだ」というのは、一般論としては嬉しいだろう。そして、それがテクノロジーで実現されるというのも、ブランドイメージとして先端的になるし、その寄与も大きい可能性。

ゲームチェンジャーになるか分からないが、その可能性を持っていることは間違いない。無料配布や、現在の期待値の引き上げ方もリスクを取っている(上げた期待値を満たせなければ、そのリカバリーはとても大変)。
成否は分からないが、リスクを取ることに敬意を純粋に持ちたい。また、購買体験はEC・RFIDで進化している一方、機能進化はヒートテック・エアリズム以降止まっている印象。業界でもう一度イノベーションが活発化するキッカケになってほしい!
"アパレル企業は、スタートトゥデイを敵視して対抗するのではなく、一緒に成長できる道を模索した方が合理的だと思います。"
ZOZOは圧倒的な集客力のあるショッピングモールですよね。不動産のテナントに入るのと変わらないと捉えるのか、あくまでフレネミー(frenemy)と捉えるのか。もうZOZOを敵視できる会社はそんなに多くないはず。
今回の記事は、視点に偏りがあるし、表面的だったので残念です。ZOZOがユニクロを倒しにいくことにフォーカスされていますが、仮にそれが叶わなかったとしても、サイズデータを取得によるマルチ・サイド・プラットフォーマーになれそうなので、このプロジェクトのリスクは非常に小さいでしょう。
ユニクロ側の視点では、もし“ZOZOを意識しすぎた取り組み”をやり始めたら、危ないなと思いますが、基本は棲みわけの領域でしょう。リアルチャネルの影響力を侮ってはいけません。
これは見逃せない連載が始まりましたね。面白いです。ファッション市場の分析がさすがわかりやすい!!!

しかし、セミオーダーに近いフィットしたファッション・・・これがカッコいいかどうか、そのあたりはどうなんだろうか? 

男性のスーツなどはいいと思うのですが、実は自分のカラダにあわせすぎるとカッコよくなく(誰もがモデル体型ではないので)、ブランドの既製服にカラダを押し込めると、そっちのほうがカッコいいという場合もなくはない・・・女性のファッションは本当に微妙なので。
なんか前澤さんレベルになると、ユニクロという単一企業とか国内アパレル市場などという狭いセグメントで物を見ているとは思えない。
久しぶりに孫さんに会って感銘を受けたという記事も見たし、もっとどでかいこと狙っていそうだが、凡人の私には全くわからないのがつらい。
ゾゾスーツを着てただただ次の展開を楽しみに待とう。
冒頭の部分、意味深ですね。山手さんがコメントすること自体にも意味を読み取りたくなってしまいます。ZOZOが先行者メリットを享受できるかは、精度と普及コストの点で採寸技術の競合が現れるのか、寸法データのポータビリティを消費者が望むのか、服作りが本当に採寸通りに行われるのかが大事になると思います。最後は寸法通りにサクッとものが作れるかがネックだと思いますので、やはり先行者が有利な気がします。
この連載について
国内最大のファッションECサイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイがついにプライベートブランド(PB)を発売する。「WEAR」や「ツケ払い」など、数々のサービスを生み出してきた創業者、前澤友作は、どんな服を世に送り出すのか。テクノロジーによって変わる服作りの「未来」を占う。
株式会社スタートトゥデイ(英語: START TODAY CO., LTD.)は、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.11 兆円

業績

株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
4.73 兆円

業績