新着Pick
8Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
米政府は現時点で、武力行使を明確に述べていないが、ホワイトハウス並びに国防省が米国民と同盟国の防衛を強調しているのに対し、国務省が対話路線を強調しているのは興味深い。

たとえば、28日付のティラーソン国務長官声明は以下のようになっている。
米国は北朝鮮のICBMと見られるミサイルの日本海への発射を強く非難する・・・北朝鮮は大量破壊兵器計画を放棄しなければならないと国際社会は一致してメッセージを送り続けてきた。すべての国家は、強力な経済的・外交的措置を継続しなければならない。・・・現時点で外交的な選択肢は開かれており、米国は北朝鮮による好戦的な行動を終わらせ、非核化の平和的な道を追求することにコミットし続ける。
北朝鮮問題と中東問題のゼロサム関係がどう揺れるか。