新着Pick
728Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
私はすでに、完全にSlack中毒。クライアントにもほとんど強制的にSlackを勧めて、プロジェクトはすべてSlack上でやらせてもらっています。

私のような外部の人を含めたプロジェクトをチームで行うのに、Slackは最適です。途中でメンバーが増減したり交代したりしても、「これまでのやりとりはSlackを見てね」で済んでしまいます。おかげで、メンバーが産休にはいったときもほとんど引き継ぎ作業が必要ありませんでした。

(Slackの回し者ではありませんが)みなさん、Slackを使って、働き方改革をしましょう!
Slackにとって、日本は世界3位の市場とは知らなかった。1位は米国だろうが、2位はどこだろう?
メールは区切りがあるコミュニケーション。それに対してSlackやメッセンジャーツールは継続的。そのうえで、やはりチャネルがトピックごとに分かれているというのは、個人ツールではなくビジネスツールとしてはとても使いやすい。
チーム全体が使うようになると、一気に効率が上がるし、例えばリマインダとかを設定したり色々工夫すると生産性を上げるのにも使える。
Slackは弊社でも使ってますが、本当に便利ですね。
今はすごくシンプルなので、使い勝手がいいですが、これから機能を拡充させながら、どう今のシンプルさを維持していけるか楽しみにしています!
めっちゃ便利なんだよね
Slackはまさにコミュニケーションのイノベーションですね。社内での利用はもはやメールでコミュニケーションするメリットが見つからなくなって来てますよね。(しかもアジアパシフィックで最も使用されているのが日本とは、、!)
証跡を残すとか、関係各位に送るとか、資料の添付とか、メールを使うべき理由とされるモノを完全に包含してますね。
Slack、WhatsApp、Facebookメッセンジャー、WeChatを日常的に使っていると、メールを書くときのタイトルを付けることが大変になってきた・・・メールも良さもまだまだありますが、日程の調整や、ちょっとした確認事項などはチャットが圧倒的に早いです。

Slackは、そうした単純な話しから、ある程度込み入った内容まで対応できてバランスが良いと感じています。検索や過去投稿の保存が強化されると更に使い勝手が良くなりそうです。

なお、日本語版のEnter送信は設定で変更できます。私は好みでEnter送信で使っています。

あと、channelとhereの使い分けを広めたい。channelはそのチャンネル全員に通知、hereはそのタイミングでアクティブな人にだけ通知。
もっぱら電話・Fax・メール・手帳の文化です。
Netowork効果があるからな〜〜。だから、完全にworkplace, messenger, Gmail, outlookだな…