新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

183Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
インタビューをしながら、エコシステムの無い場所でスタートアップを始める、というのはどれだけ大変だったのだろうと思ったのですが、マグロ釣りと同じというロジックには驚きました。

私がシリコンバレーに今年夏まで滞在していたのですが、エンジニア獲得競争の激しさを目の当たりにしていました。実力ある技術者たちも交渉がものすごく上手く、どんどんサラリーがつり上がっていました。企業が拡大するにつれ、さらなる人材を雇用し、住宅も高騰・・・そこから考えると、そこまであくせくしなくても、と外に目を向ける流れは自然に思われます。
「ネクスト・シリコンバレー」を語る際、その代表都市はニューヨークです。

そしてそれを語るうえで最も重要な会社は、ここに書いてませんがDouble Click社です。ドットコム初期の1996年にニューヨークで設立され、IPOし、最後はグーグルに$3B、3千億円強で買収された会社です。

エコシステムとは人(及びそれに紐づくカネ)により形成されますが、それを形成するエンジンはビッグエグジットです。その初期で、最も巨大なそれがDbouble Clickであり、そこから沢山の成功者が出て、それが拡大生産を繰り返して今日に至ります。

なおVCではNYを語らせたら右に出るものがいないのがUnion Square Venturesであり、その代表パートナーであるフレッドウィルソンです。
日本でもエンジニアの採用バトルは熾烈で、とりわけ東京が顕著です。
また、日本でもトレロ同様に、東京を外して地域No.1として採用の優位性をもっている会社がいくつかあります。名古屋だとエイチーム、沖縄だと琉球インタラクティブなどがそれにあたるかと。
かれこれ5年くらい前はオフィスが渋谷(ビットバレー)にないとエンジニアを筆頭としたWEB人材の獲得は難しい空気感がありました。でも今では五反田などにもWEB系の企業が集積し、そんな神話もなくなってきました。この流れが地方にもどんどん広がっていくと思っています。
NYで起業した理由というのが、競争戦略という観点で興味深い。

シリコンバレーにあこがれる人も少なくないと思うし、世界規模で人財を吸引できるからやはり強い場所。でも、やはり仕事だけではない家族や文化といった観点で、ある場所に愛着を感じるというのは、この時代にあっても強いと思う。
一定の人口がいれば、確率論的に特定の事業をするためのスキルを持っている人もいるだろう。その人たちをちゃんとその場所で相対優位に立って取れれば良い。その人たちは意思をもってその場にいるのだし。
加えて、リモートで本当に働きやすくなっている。だから、定期的にリアルで会う機会があれば、リモートで働くことを文化にしてグローバルで人財を吸引できるようになる。
"ニューヨークは音楽家や芸術家にいたるところで出会う、本当に素晴らしい街です。"
日本だと東京一択です。アメリカだとどこで起業するかの選択肢がものすごく多いですね。開発に適した場所、営業に適した場所、好きな街、本当にたくさんあります。だからこそこういったプロジェクト管理のニーズが生まれるんでしょう。基本的に物理的な場所が離れていることを前提としています。
鶏と卵の問題ですが、日本の場合は逆にこういった管理ツールがあることを前提に場所にとらわれない働き方や起業が成り立つはずです。
「でも、マグロの釣り方は知らなかったんです。どうしよう、と思いましたが「まあどうにかなるだろう」という気持ちで。それから何度も何度も沖釣りに出かけました。船に乗っては、マグロを釣り上げるコツは何なのか船の同乗者に聞き回ったんです。全く釣れずに岸に戻るなんてことがかなり長く続きました。でも、この写真を見てください。最後には念願のマグロを釣りあげることができたんです。」(記事引用)

起業(起業家精神)とは何かを示唆する逸話。ただし、ここには決定的に大事なピースが(意図的か)2つ抜けている。1つは、PDCAをどのように回したのか、特に釣り方のプロトタイプをどのぐらい幅広くトライしたか。そして2つ目は、この試行錯誤のプロセスで、どれぐらい「釣れる!」というリアリティに近づいていったか。同じ場所で釣り糸を垂れ続ける行為(習熟、ケイパビリティ)と、さまざまな釣り方や道具、場所、時期などをテストするやり方(学習、ポジショニング)では得られる成果の質や量が違う。ただ、この2つは二律背反ではなく、実は両方を上手に組み合わせないといけないのだが。
シリコンバレーに対抗できる土地は米国でもそうは多くないだろう。ニューヨークはその1つ。AmazonとMicrosoftがいるシアトルも別の候補。あと数都市はあげられるだろうか。シリコンバレーは行き過ぎだとTrelloの創業者マイケルは言うが、その通りだと思う。Cost of Livingは高いし、ギークばかりが集まり過ぎている。ダイバーシティからは程遠い。
ネットだけで完結サービスが飽和に向かっている中、起業家にとってテックカンパニーばかりが集まる都市よりもそれ以外の都市の魅力が高まっていることは確か。
アメリカの中だとニューヨークもたしかに面白い街だと思いますが、この特集はアジアは見ないんですかね?