新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

187Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ユタ州に行きましたか…
確かに州単位で4位と言えるかもしれませんが4社くらいしかおらず、中国三大都市やインドバンガロール等よりも圧倒的に小さく、また米国はそもそも州単位で言うとカリフォルニアに圧倒過半が集中してるものの、サンフランシスコもLAもサンディエゴも距離がありそれぞれ個別にエコシステムを形成しているので、州で語るのはちょっと厳しいと思います。

やはり米国内で「非シリコンバレー」への分散を語るなら、ニューヨーク、サンフランシスコ、LAの順番であり、それ以上に中国、インド、英国、イスラエル、カナダ、独ベルリン等が重要です。
ベンチャーとしての存在感とかバランスとかの点で、私にとってはこの会社自体が「謎」です。日本企業はもっとBIツールを使ったほうがいい、という点についてはまるっと同意ですが。

BIツールの比較ではDOMOの評価はそれほど高くないという印象。創業者が日本好きで日本に積極的に売り込んでいるということなのかもしれませんが、日本で不自然にメディア露出が多いような気がしているし、業界カンファレンスなどで見かけたこともないし、その割にやたらにたくさん資金を調達しているし・・

なお、蛯原さんのご指摘のように、ユタ州がユニコーンの数で全米4番目というのは「ホントかな?」とちょっと首をかしげています。ベンチャー投資額という意味ではカリフォルニアが圧倒的で、これに次いでニューヨーク、マサチューセッツがトップ3,あとはちょぼちょぼ、ユタはトップ15ぐらいにすら顔を出していないので・・・出典が知りたいです。
Domoという企業・サービス、とても面白そう!
ユタという観点では、モルモン教徒がたしか過半を占めている州。戒律が厳しく、飲酒やカフェイン摂取もたしかダメだったと思う。一方で、治安などは良い。
戒律・習慣の厳しさというのは、そのコミュニティ内の安定感は強く、また得てして真面目さの裏返しのように思い、教育もしっかりしていることが多いと思う。一方で、人財を他の場所から吸引するためにはネックとなる(書きながら、暗黙の了解が多い日本にも通じる議論かと思った…安定はしているし教育もしっかりしているが、閉鎖的な部分も否めない)。
全部まとめてやるというイノベーション「データドリブンに必要なのは、①データを接続し、②変形し、③視覚化して、その後④シェア。で、5つ目に必要なのが、最適化なんですね。この5つのうち、1つ以上をやっている会社はこの世にないんですよ。以前あった会社は全て、一つだけしかやっていなかったんです、もしくは1.5個ぐらい(笑)。なので、我々が全部やったわけです。」
「我々は顧客にデータを提供しているのに、自分の会社のことになると、今、この瞬間に、どれだけの従業員を抱えているか、が分からないわけです。というのも、オムニチュアは多くの国に従業員がいましたし、誰かが入社したら、誰かが辞めるわけですから、その数字を一つの場所に抱えておくことが不可能だったんですね。」(記事引用)

爆発的な成長を遂げたスターバックスは、あまりにたくさんの店舗が同日にオープンするようになり、リアルタイムで総店舗数を正確に把握できなくなった時期がある。これに類する話は、あらゆる業種のあらゆる会社で起きえる。

対処は、管理の強化やシステム投資ではかならずしもなく、いかに有機的に情報が相互浸透する組織文化を創造するかだと思う。それがあれば、グローバルに展開する事業でも、現場で起きていることは、人的ネットワークの中で、手に取るようにわかるだろう。同時に、あらゆる事象を数値に置き換えて把握することも、自然にできるだろう。
"タブローのイベントパスを見せれば、そのコンサートに入れるという仕組みにしたんです。"
Omnitureの創業者がTableauに真正面から切り込む感じがすごい構図。BIソリューションはTableauシェア高いですけど、不満も多いですからね