新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

205Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日に引き続き4回目です。ご笑覧頂けると幸いです。

本日分と明日の分は質疑応答が軸となっています。裏話です。この日NewsPicksの野村高文さんと「今回はインタラクティブに進めよう」を合言葉にしました。8月は僕の一方通行なレクチャー時間が多すぎでした。そこで9月の講座では特定トピック(宗竺遺書&三井家憲)にフォーカスし、あとは質疑応答でご対応しようと思いました(結構怖かったですけど汗)。野村さんがチャットの活用をご提案なさるなど、運営の皆さんも試行錯誤、苦心なさっている頃だったかと思います。なので野村さんも僕の意向を汲み取って下さり、一方通行にならないよう、適宜、合いの手で規律づけて下さいました。協調と規律の関係、つまり財閥持株会社と傘下会社経営者との関係の模倣ですかね…
"「組織が腐る」という話は、財閥が戦後を経て引き継がれる中で、1970年代以降あたりから出はじめることです。その一因となったのが、株主からの規律がなくなったことですね。"
やはり歴史に学ばないといけないことを痛感します。「物言う株主は日本にはそぐわない」と言うイメージあると思いますが、とんでもない。日本が過去持っていた成功の経験は財閥解体と一緒に吹き飛んでしまいました。
株主の監視が効かなくなるとやばい
財閥一族について、下記の言及が興味深い。ノブレスオブリージュと言えるし、財閥に限らず国全体として繁栄するためにも同様だと思う。
現在の文脈では、機会の平等や頑張った結果が報われることも重要だが、格差が広がりすぎることが本当に繁栄につながるのかということも考えさせられる。
『「社会が良くならなければ、自分たちの真の繁栄はない」という美学が、子どもの頃からインプットされていたように思います。』
財閥の仕組みのほうが、むしろガバナンスがきちんと行われていたとは。「物言わぬ株主」が「日本的な経営」と思われていますが、実はほんの戦後だけの間のことなのですね。
組織が腐らないためのガバナンス構造を財閥から学ぶという点は新鮮です!続いている組織には、続いている理由がある。
続いている仕組みの根本を学ぶ視点は、いつも持っておきたいですね!

・人は弱さがあることを大前提にガバナンスを働かせる
・監視と解放(任せる)を使い分ける
凄く勉強になる
理論的な経営学よりも、なぜ財閥がうまくいっていたのか?からエッセンスを抽出する方が同じ内容でも腹落ちするな
特に僕はリクルートで経営に携わっていた時の持ち株会社化と遠心力経営の塩梅に疑問を感じていたけど、この財閥経営を知ると時間の経過と共に自然とガバナンスを形がシフトしてきているように見える

所有と経営の分離という事でいえば、創業者兼CEOとして経営株主としての立場はコンフリクトするなーと日頃感じる事が多いので、この表現はストンと腹落ちした

>財閥では、持ち株会社が監視し、傘下企業の経営者がその規律を自覚しながらプロジェクトを遂行していたといえます。
普段から経営者に任せきりにして、経営不振のときになって商社や銀行が奔走するというような戦後の系列内の経営とは、まるで違うものだったのです。
「モノ言う株主」だからこそ、財閥では組織が腐らなかったのです。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。