新着Pick
582Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
また女性不在、おじさんばかりのマーケティング談義。女性顧客を対象としている企業が、男性だけで議論していること自体、おかしいと思いません?
まだまだお客様のカスタマージャーニーをしっかりと把握してカスタマードリブンなマーケティングできている企業は少ない。この流れをどこまで追求できるか?そのためのAI, MAツール活用、マーケティングの進化が求められていると思います。おじさんばかりの!?マーケティング談義となりましたが、これをバズワードにしないで、突き詰めていけるよう、頑張っていきたいと思います。
選択から消費までのプロセスにいかに寄り添っていくか。しかし現実のカスタマー・ジャーニーはデジタルとアナログを行き来する。デジタルでどこまでパーソナライズしてデータを統合化していくかは難しい課題です。
しかし、AIや画像認識等々の新しいツールが徐々にそれを可能にしていきます。リアル店舗で誰が何を見て、手に取り、買ったか買わなかったか等々のデータまでもが統合化できる時代になりました。AIが人では認識できなかった新たなインサイトを与えてくれるでしょう。
とはいえ、データサイエンティストは限られ、モデル化するスキルも工数もない企業がほとんどだと思います。その課題もごく近い将来新しいテクノロジーで解決できるようになります。
「予測自動化分析技術」
http://ps.nikkei.co.jp/leaders/interview/fujimaki170301/index.html?kx_link=ptlmdl-fjmk170228
パネラーの方々も素晴らしいし、マーケティングの未来を感じ楽しくなってきますね。
豪華な登壇者!
この講演生で聴きたかったな
これは少し前のトレンドの話ですね。。
この連載について
NEC
NECは、先進のICT技術・サービス・長年培った知見を融合して、世界の人々との協奏・共創をとおして社会課題を解決し、より明るく豊かに生きていくための「安全」「安心」「効率」「公平」な社会を実現していきます。「Orchestrating a brighter world」には、NECの強い意志と未来への想いが込められています。ビジネスに役立つ最新情報と、NECの最新ソリューションや技術の情報をお届けします。