新着Pick
238Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
どういう試算をしても、スルガの良さが抜きん出ていることが確認できてしまいますね。
地銀協の異端児という立ち位置の扱いに甘んじながらも、「オリジナリティ=他行のやらないことをやる」に付加価値があることを証明しています。

繰り返し申し上げますが、再編は必要条件で、独自性の強いモデル(市場性でなく信用リスクテイクにおいて)が十分条件だと思います。
ダイヤモンドが地銀の収益状況を金融庁の資産を模してプロットしています。具体名が示されている生々しいグラフです。また最近神戸製鋼のCDOに投資している(体力比大きなリスクテイクをしている)地銀が見つかったとこのこと。金利リスク管理に加えて信用リスク管理に対する監視の目も厳しくなりそうです。「余った預金を国債で運用し安全に利ざやを稼いで体力を維持する」モデルが成立しなくなった地銀の行方に注目です。
2つ、留意すべき点があります。1つは、現在の市場環境。超低金利であるために、預金者に経費を付け替えられない状況であるほか、債券運用益も出ない上、イールドカーブのフラット化で長短金利差が取れない。2つ目は、経費率。現在の邦銀の経費率はまだまだ高い(都銀ほどではないが)。人件費や物件費など、手を入れられるところはまだまだある。1つ目の要因が仮になくなっても、2つ目の要因を解消しないと安定的な収益基盤は出来ないでしょう。もちろん、先々を見ればフィンテックによる既得権益の浸食もあるでしょう。

ただ、預金者は1000万円までは保護されています。地銀が淘汰されることと預金者や債務者の利益は必ずしも一致していない。
これは生々しいグラフ。スルガ銀行は圧倒的なのは周知の事実ですが、地元を捨てた収益の上げ方からして他のモデルにはなりにくいですね。横浜、福岡のやり方を真似すべき第一地銀とその他の第二地銀以下で分けるとさらに参考になるのでは。
これまで怠慢していたか、努力していたか、表に出ますね...。そもそも地銀などは地元の名士達が地元の経済を鑑みて設立したにもかかわらず、ある時からは一気に護送船団で、働く人は安定雇用なんてものを目指して就職する輩ばかりになって腐敗したことのツケがようやくきた感じではないですかね。銀行なんてみんな一緒ではない時代に戻って行きそうですね。適切に頑張る銀行が支持され、選択される、普通の話が大切。
あと10年もすれば国債が暴落して地銀はバタバタ倒産する
ただ、各地銀も必死でJAバンクへの切り込みを図りそうですね。そんな中、僕らがどこと組むのかも楽しみです。