新着Pick
290Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
AppleのAR戦略が見えてきた。17年ARKit、18年ARクラウド、19年背面3Dカメラ、20年ARグラス。これから10年間の大きなテーマはポストスマホ。その最右翼もApple。大きな波がやってきた! >iPhoneの2019年モデルは背面にAR用3Dセンサー搭載か
(既出でしたらすみません)ブルームバーグは次期iPhoneが現在のフロント側の3Dセンサーに加えて背面側にも新しい3Dセンサーを搭載するのではないかと報じています。インフィニオン、ソニー、STマイクロ、パナソニックなどと協議を始めたと述べています。time of flightテクノロジーと言っていますので、レーダーのようなものだと想像しますが、どなたかヘルプいただけると嬉しいです。

その狙いはカメラが捉えた画像にイメージを正確に乗せて拡張現実の世界をしっかり作り出そうというものだとあります。ゲームはもちろん、ビジネスの現場でも使えそうです。来年ということですので、続報もすぐに来そうです。

https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-11-14/apple-is-said-to-target-rear-facing-3-d-sensor-for-2019-iphone
もはや、スマホだけで自動運転できるようになるかもな
技術としてTangoのようにカメラを使うかFaceIDのように赤外線を使うかそして今回の光測位を使うかですが、結論としてはAndroidのTangoと同じようになりますね。位相差の測位が可能で精緻にモデリングができるように。
よってAR活用でいくと細かな座標指定が可能になり、それによりナビゲーションなどの活用がやりやすくなります。
とはいえ、その測位なしでも簡易にARを実現しよう、過去端末も含めて広く普及させよう、というのがARkitであるため、この機能が搭載されても実は「できること」はそれほど増えないかもしれません。細かな測位が必要なアイデアがどれだけ出てくるか?ですね。
Googleは次期PixelでTangoを搭載して対抗しないと、先行して保っていたリードは無くなるかもしれない。Tango搭載のスマートフォンはLenovoとASUSの2機種のみですが、リファレンスの意味合いが強いPixelでの搭載はインパクトがある。Qualcommも「Qualcomm Spectra Module Program」の拡張を発表。このモジュールと対応するカメラを搭載したスマートフォンが来年には発売される。AR機能を搭載したスマートフォンはハイエンドを中心に普及すると思います。
『スマホのカメラで深度情報を取得 指の認識や生体認証が可能に:Mogura VR』
http://www.moguravr.com/qualcomm-spectra/


背面に高機能なカメラを搭載したスマートフォンの普及により、人の顔も簡単に、正確にスキャン出来るようになる。Face IDは3Dスキャンしたマスクで認証を突破されましたが、もっと手軽に誰でも同じような事が可能になるリスクも考えられます。顔認証にも認証方法の見直しや、他の認証方式を採用する動きもあるかと思います。
3Dセンサーですね!深度が図れるとVR/AR上でのECも市場拡大していくだろうなー!
噂とある。
こういうセンサーは高価である。

もしiPhoneに搭載されて安価に
かつコンパクトになれば、

動く物には何にでも付ければ良い。

3次元で再現する技術がもっと進歩してもらいたい。

業績