新着Pick
97Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
深層学習(ディープラーニング)を使っているのがすごいのは言うまでもありませんが、学習に使える顔写真、しかもこの顔は誰ですという正解付きを世界で一、二位を争うくらい持っていることが実は最も大事なところではないかと思います。しかも、この写真が誰かというデータはFBの中の人がつけなくても世界中の人が自立分散的につけてくれるわけです。

深層学習は特に他の機械学習と比較してトレーニングデータを多く必要とします。私は普段「データ量は正義」と申し上げていますが、本当にデータ量を多くするだけでデータは格段に上がります。

一方、共同研究をしている企業さんと議論をしていると業務効率上仕方ないものの、宝の山に見えるデータを記憶容量を圧迫するからという理由で簡単に破棄されていることが非常に多いです。あれは実にもったいない。。。
色んな人の顔写真を無数にアップロードして全部自分の名前でタグをつけまくり、自分の顔写真には任意のタグをつけまくれば、Facebookを騙すことができるでしょうか。

以前、大英博物館に展示されている古代エジプトのミイラの柩が多数立っているところの写真をアップしたら、自動でタグ付けしようとしていて笑いました。
すみません、元フェイスブックないしインスタの人としても
特にこれといったコメントはないのですが、
「平和だなー」と感じてしまいましたw

AIや顔認証のあれこれとしてはごく基礎的な話ですが
でも、こういった記事をきっかけに少しでも多くの人が
AIを含めたテクノロジーに興味を持ってもらえると
いいですねー。

弊社の社員でも「デジタル」やこういった類のモノに
興味を持たせる1角度として軽くメモw
Facebookの顔写真特定は便利な時もありますが,知らないと予想外のこともあります.意外と知られていない機能として,Facebookの検索欄に
photo of 名前
と入れて検索すると,たとえプロフィールや自分が投稿する写真では自分の顔を一切公開していなくても,誰かの投稿でタグ付けされた顔が分かってしまいます.Facebookを始めた時点で,大部分のプライバシーを放棄していることに等しいのかもしれない.
土屋武司さんの仰る通り、Facebookを始めた時点で,大部分のプライバシーを放棄していることに等しいです。

利用者が(読まずに)同意した利用規約とデータに関するポリシーに書いてありますので、利用者は文句言えません。
利用者が、Facebookに投稿する写真、動画など全てをFacebookに使用する非専属的、譲渡可能再許諾権付き、かつ無償の世界的使用許諾の権限を付与します。

最近、FacebookのAIによるプライバシー問題が海外のニュース取り上げられて、増加していますが、日本でまだあまり聞かない話ですね。まぁ、米国に比べて日本人がシェアする物事が少ないと思います。
Facebook(フェイスブック)は、Facebook, Inc.が運営するインターネット上のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。「FB」と略されることもある。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
59.1 兆円

業績