新着Pick
1423Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
セブン銀行は間違いなく自らのリスクとしてキャッシュレスを意識しているでしょう。でも他の銀行は2020までは多分何もしないでしょう。本来なら好景気の時にこそ低い生産性のものを切って将来の成長へのタネを蒔かなければいけないのですが。
論拠として、セブン銀行の1台あたり利用が既に漸減していること、今後電子マネーが増えることを上げているが、前者は設置台数を拡大しているために日販が少ない立地にも設置され平均が下がってるのでは?とも思えるし、後者もそんなスピードでキャッシュレス化は進まないのでは?という疑問が出てくる。一応記事でもその可能性にはしっかり触れておりバランスが取れた記事だが、記事の前半でもあるように、銀行がATM網を維持できなくなる中では、コンビニでの利用は寧ろ増えてもおかしくないと思うし、ファミマ、ローソンが金融に注力するのはむしろこれから、というところも事実なので、個人的には納得性が低いタイトルと感じます
長期的にはそういうリスクは当然ありますが、足元のセブン銀行の一台当たり利用件数の漸減傾向は非常に利用件数の多いATMの横に2台目を設置することで利便性を高めようとする取り組みが主たる要因です。トータルで見ればまだ利用件数自体は伸びてますからね。キャッシュレス化による影響と断じるにはエビデンス不足。
電子決済化がセブン銀行のビジネスモデルの最大リスクであることは昔から知られていますが、1台当りの件数減少を予兆とするのは弱い。
取引件数は、景気と負の相関性があることが知られています(景気が良くなると1件あたりの引出額が増加)。網羅的エビデンスがないとですね。
銀行がATMを縮小していく以上、当面はコンビニATMは安泰ということですね。

本記事では、キャッシュレスがすすめばATMそのものの需要が減少すると指摘していますが、これは当然のこと。

その前に、銀行の支店の閉鎖(それに伴う銀行ATMの激減)がセブン銀行等の追い風になることは間違いありません。
それなのにこれから銀行作るローソン笑
数年前からキャッシュレスの生活に変え、Apple Payが使えるようになり、さらにその生活が加速している。そうなるとATMの利用はかなり減った。数ヶ月に1回といったところだろうか。以前ほどの需要はないだろう。ただ、コピー機も、コピー機としてだけの価値を失い、マルチコピー機としてコンビニに生き残っているように、ATMもマルチになることで生き残っていって欲しい。やはり、コンビニにATM機能付きのものがある価値は高いとも少しは思います。
ですよね〜!コンビニ自体がなくなるかもですよねw
コンビニというコンセプトが、ですが多く?の先生方が
居酒屋化するとかなんとかいうのも踏まえて、確かに
銀行も現金にも触れない、コンビニも行かない。

そして、銀行が土地管理などに労力とお金をかけずに
本来の仕事をオンラインにてフォーカスできるなんて
夢の様な話じゃないですかw

もうコンビニもそこにあるATMも、以前多くの消費者が
持っていた問題を解決するモノではなくなった、
新しい現実ですねw
うあ、あせったー。
コンビニATM消滅って。
もう長いことコンビニATMしか使ってない人間なので、てっきり手数料アップで不採算だから撤退とかそういう話かと思ったら、将来の話でした。釣られました。
でも、現時点でコンビニATMの利用率が下がり始めているというのは興味深いデータですよね。
スマホ決済が急速に普及した中国に比べると、日本は明らかに現金大好きな国ですが、それでも徐々にキャッシュレスな人が増えてるという話なのかもしれません。
実際問題、私もコンビニでクレジットカード払いするようになってから、現金を引きおろす機会が激減したので、その1人なのかもしれません。
日本でもスマホ決済が普及したら、この変化はあっという間なのかもしれませんね。
銀行窓口 ー> 銀行ATM : いちいち窓口で並ばなくて楽になったが、ATMが混むようになった。
銀行ATM ー> コンビニATM: 自分の銀行を探さなくて良くなった、コンビニは何処でもあるので楽になった。
ATMでの現金ー> キャッシュレス決済 : 現金の需要が稀になるので、財布の中身が気にならずより楽になる。

日本でキャッシュレスがもっと進めれば、コンビニ銀行の収益は、ATMの手数料ではなく、電子マネーでいかに手数料を稼ぐかに変わるんでしょう。