新着Pick
54Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
小池都知事が希望の党の代表を辞任というニュースが大きく報道されていますが、ここですかさず都議会公明党が知事与党の解消を表明。機を見るに敏、と言いますか見事なものです。

衆院選時のJX通信の世論調査でも明らかなように、小池都知事の支持率低下の一因は公明党支持層が離れていったことによります。そうした支持層の変化も、知事与党解消の背景にあったのかもしれません。

とはいえ、「反・小池都知事」ではなく「是々非々」とのことですし、公明党がこれまでとってきた「確かな与党路線」を考えると、今後の議会でも都民ファーストの会と一定連携をとりながら都政に取り組むのではないかと見ています。
都議会公明党が都民ファーストとの関係解消へ。まあ、機を見るに敏というか、節操がないというか。公明党の権力にしがみつく感じは…
まあ水面下の色々な人間模様もあってのことと理解していますが、都政と国政はオリパラはもちろん、成長戦略や社会福祉政策でも切っても切れない関係にあるので、各党とも良識を持って判断して頂けばいいのではないかと思います。巷間言われているほど都政は停滞していません。むしろ様々な懸案への対処や成長戦略が着々と進んでおり、情報開示も飛躍的に高まった(知事個人の頭の中以外はほぼすべて)。都民から十分な理解を得るよう努力すべきです。
公明党もそうですが、まず、小池新党地方版(都ファ)では圧勝し、小池新党国政版(希望)が東京の選挙区でボロ負けって、そもそもの東京都民さんの思考回路がどうなっているのか?が知りたい(笑)。「う~ん都政のあの公約は良かったんだけど国政のその公約はいただけないよね~」とかまで主張を理解して投票行動した人いるんですか?(笑)。公明党が日和ってるって、そうだけど、雰囲気に日和っているのは、有権者も一緒じゃないの?