新着Pick
308Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
TOEICは日本ほか一部の国のローカルなテストなので、参考にしかならないですが、以前の感覚だと、おおむね800点以上ないとビジネスの現場に投入できないと思っています。中高で6年間も勉強しているのに、日本人がここまで英語ができないというのは相当に悲しい現実です。僕は「文法なんかどうでもいい」という論には全く賛成しませんが、中学校程度の単語と文法をしっかりマスターしておれば、かなりの英語が読め、聞け、話せるはずです。
大学時に300点代だった知り合い(理系)が、就職後は海外出張したり、英語が足を引っ張り国立大入れなかった人(医学系)が、米国留学したりしてます。そんな例はうじゃうじゃ聞くので、語学は、必要に迫られれば身につくのでは(大学受験目的では実務で必要というわけではない)。
語学はセンスですから、必要性を感じないと、センスない人はなかなか身につかないし、センスある人は、語学好きでもあるから、苦労せずマスターするんですよね。
TOEICが900点以上あっても現場で全然会話に入っていけなくてただ微笑んでるだけの人とかごまんといるので、所詮はテストなんですよね。留学当時の僕がそうでした。
TOEICに厳しめのコメントも多いですが、私は比較的肯定派。
「英語、どれくらいできますか?」という問いに言葉で表現するのは意外に難しいです。「日常会話程度」と言っても、謙遜を含めてかなり幅広い。そこでTOEICであれば、相手とざっくりと英語力のレベルが共有できるという意味で、参考値としては意味があると思っています。

さて、自分は帰国子女でネイティブの多い大学出身なので、経歴見て英語ができると思われがち。苦手ですと伝えても、「またまたぁ、謙遜して〜」と取り合ってもらえないこともままあります。

ということで、いかに英語が得意でないかを証明するために、TOEICのスコアが欲しいなぁと思う日々。ただ、そのためにお金を払うのも…と未だに踏み切れてないです。
うーん…地方の商業高校卒の私の妻が、40代後半に初めて受験した時の点数と同レベルというのは何とも言えません。

もちろん、大卒社員が大多数ですよね。
TOEICが800点以上でも英語でコミュニケーションが取れない人がいるのは事実だけど、TOEICが400点以下であっても英語でコミュニケーションが取れる人はまずいない。少なくとも足切りの参考にはなる。
私は留学直後の30代前半に950点ぐらいを取ったのでそれ以降は受けてない。
TOEICに関しては対策が出回っているので、それをきちんと勉強すれば高得点が取れるように思う。平均点が上がらないのは、半ば強制的に試験を受けさせられてモチベーションが上がらないなどの要因にあるかと。しかしこれだけ英語の必要性が唱えられて久しいのにモチベーションが上がらないのは、日本では日本語さえできれば生活も仕事も何の支障もないということの表れなのだろう。個人的にはむしろ若者の日本語能力が低下していることの方が気になる。
TOEICのスコアでは意味がありません。英語は4技能のバランスが必要だからです。ライティングとスピーキングも含めてはかるべきでしょう。

2020年に大学入試が変わります。センター試験が廃止され英語の4技能を問うようになるのです。これからはTOEICのスコアなどは関係ない使える英語を重要視するようになります。
大学入試が変われば全てが変わります。
子供の頃からバランス良く学べば英語を好きになる人が多くなると思います。

今までの日本の英語教育は使えない英語を一生懸命やらせていたので英語嫌いを量産していました。英語はコミュニケーションのツールなので文法も、語彙も重要ですが外国人と意思疎通ができないと面白くないからです。

今、日本の英語教育が大きく変わる過渡期です。これからはTOEIC平均スコアなどとくだらない指標はなく、使える英語をバランスよく学ぶべきです。

今、英語の勉強を始めておかないと10年も経つと使える英語を学んだ世代がどんどん世の中に出てきます。その時TOEICのスコアを競っていた世代は通用しなくなってしまうのです。
お、意外に高い。20年前は400点位では?
英語全然ダメな当方は最近受験もしてない。汗
Akira SakaiさんとYasuda Keisukeさんのコメントに賛成です。

自分で言っちゃうのあれですけど、大学時代にTOEICを受けて、960点以上とれたことが私の自慢でした。

しかし、様々な人と英語で会話をしてきて気づいたのは、その場で自ら正しい文章を考えて自然に会話することが暗記のテストは関係ありません。点数で調子に乗りすぎました。

やはり、TOEICの点数はテストに過ぎないもので、現実な言語能力とは関係ありません。

一方、日本語能力試験は2級しか受かっていませんが、英語より自然に話せると思います。(書くことはまた別の話ですけど)

しかし、エントリーシートや履歴書である程度言語レベルを表さなくてはいけないので、TOEICや日本語検定みたいなテストは参考に必要でしょうね。