新着Pick
927Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
これだけは政治家として決してやってはならないことだと思います。

希望の党に投票された有権者は、良くも悪くも小池さんのリーダーシップや実行力に期待し、第3の選択肢としての現実的な保守政党立党の夢を見て、投票したはずです。

希望の党が、第二民進党になると知っていたら、果たして彼らは投票したでしょうか?

形成不利と見ると、舌の根も乾かぬうちに自ら結党した政党を見限り、責任者としての責任から逃れるのは有権者に対する最大の裏切り行為ではないのでしょうか。

私自身は小池知事の国政への進出は支持していませんでしたが、それでも一都民としてどうせ国政に出られるなら、国政を通じて東京を世界一の街にするよう大胆で、大きな影響力を振るってほしいと願っていました。

本当に残念なことです。
「都政に専念」とは言っても、むしろ都知事をご辞任頂いた方が良いぐらいだ。豊洲移転は宙ぶらりん、その結果環状二号線の工事は間に合わず都市計画にも狂いが出てきた。オリンピック準備も無意味なちゃぶ台返しがあり滞っているし。。
率直に、いいことだと思います。

都知事が都政に専念する。
一度下した決断に囚われすぎないことも、大切なことだと思います。

有権者に対する責任論もありましょうが、数の力で劣る国政では何もできないのが現実です。

無制限無定量の働きを強いられる東京都のトップとしては、結果の出ない場で余分なエネルギーを割くよりも、都政に専念すべきです。

もちろん、両方辞任するという決断も結構かと思いますよ。
どう考えても都政・国政の兼任が無理筋であったことは明白である以上、さほど驚くニュースでもないとは思いますが、今回の経緯を踏まえると、小池都知事が国政向けてアプローチする手段がかなりナローパスになった印象は受けます。結果的には政府・与党を利する動きとなったという整理でしょうか。金融市場の反応は現状、限定的です。
そうですか。
葛飾区議選が終わったら辞任ですか。
また選挙直前に党代表になり、選挙が終わったら投げ出しですね。
最初から言ってることですが、この方のことは、一切信用しないがよろしいでしょう。
続けてても反発され、辞めても反発されます。
非常に難しい意思決定だったように思いますが、すべて自分で蒔いた種なので致し方ありません。東京都をよくしてほしいので、成果に期待したい。
【政治】衆院選に続いて葛飾区議補欠選でも負けているわけだからそうなるよね。そう遠くない将来、希望の党自体が空中分解するだろう。

追記:
前回の都知事選の時に小池氏に一票を投じたと公言したPickerが小池氏批判を繰り広げているってけっこう笑えるよね。現在の都政の混乱を招いているのは、あなたの一票が小池氏に投じられたことに起因するということをもう少し認識してほしい。保守系候補には増田寛也氏という行政のプロ中のプロがいながら、彼を選ばなかったという不明はきちんと恥じた方が良い。

東京都知事選 小池百合子氏が初当選
https://newspicks.com/news/1696266
代表になったときもそうでしたが、今回の辞任も、どうも唐突な感じがします。衆院選後には「創業の責任がある」と言っていましたし、都政専念の必要性だって以前から指摘されていたはずです。
日曜日の葛飾区議選の惨敗(定数40)が致命傷になりました。5人擁立した都民ファーストは、わずか1議席の焼け野原。東京23区でも選挙に強い「小池神話」が消滅しました。
勢いずく都議会自民党は共産党と歩調を合わせ、「二足の草鞋」を履く小池さんに不信任決議案を突きつける構え。都議選で対立した自公が「反小池」で復縁したら、不信任が成立しかねません。
緑のたぬきは都庁のネグラに帰るしかなかったのです。
小泉進次郎氏の「出ても無責任、出なくても無責任」というのは言い得て妙だったが、やはり二正面作戦というのは上手くいかないものだ。