新着Pick
29Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
社会福祉士という専門資格保持者を育成段階から何とかしていくのではなく、ソーシャルワークができるひとを増やしていき、その先に資格を置いた方が多様な人材が流入、活動できて地域丸ごとの理想に近づくのでは。
養成の問題はありますね、、足りてない。

ソーシャルワークの機能は、地域の福祉・医療・教育など各種サービスの投資対効果を高めることにも寄与しています。それぞれのサービス事業者にはできない、一貫性を持ったプランニングとネットワーキングによって、その人に合ったセーフティネットをつくりつつ、自力に向けたチャレンジを応援することができる、とてもクリエイティブな仕事だと思います。

特に精神障害領域のソーシャルワークが一番領域横断的で、実際、地域単位で設置された自立支援協議会では精神障害関連の部会が他の(例えば児童)部会と比べて充実していることが多いです。サービス提供側のプレイヤーが増えてきている児童福祉領域も、もっとソーシャルワーカーが地域に出て、ミツバチのように飛び回ってもらいたいと思います。

僕も今の会社に入って初めてソーシャルワークのことを知ったけど、学生時代に知っていたら、資格とってその道に進んでいたかもしれないな。(それくらい面白い仕事だと思う)