新着Pick
299Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
企業組織の全員が成長すべきとの意見はその通りだとは思いますが、選抜型の研修を否定するのであれば、異論があります。

最近多くの企業で行われている次世代経営者研修。選抜型で行われていますが、私は大賛成です。

経営というのは、営業や開発などと並列の概念だと思います。

これまでの日本は、営業なり開発なりを極めてからでないと経営の領域に入ることすら認められなかった。したがって。50代後半になって初めて経営を行うことになる。

世界のライバル企業の経営者が30代、40代から経営に携わっていることと比べると勝負になるはずがない。

だからこそ、若いうちから経営に適性がある人間に知見を付与することは当然だと思います。

行き過ぎた平等主義が日本企業の競争力を弱めてきたことは、多くが認めることだと思います。
是非はともかく(というか是なのでしょうが)、選抜育成ではなく、みんなを育成した方が良いというのは素敵な考え方で共感します!
ロバートキーガンのImmunity to Change は名著。

ラーニングスクールは人を信じてるところがとても好き。
良記事ですね!
さすが世界的権威のロバート・キーガン氏です。
介護施設の組織作りや人材育成を仕事としている傍ら、やはりここの記事内容はかなり当てはまります。
ちょうど今朝、とある社会福祉法人へ足を運ぶ、振り返りと現状把握を行いましたが、まさにトップの方が「ポテンシャルが高い方だけ成長させよう」と舵を取りたがったいました。
万策尽きたかもしれませんが、そんな時が私の仕事ですから、コツコツやるしかないですね。