新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

930Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
価値があると思ってもらうにはストーリーが欠かせない。
ダイアモンドに形のガラスを渡されても「ああ、ダイアモンド型のガラスね。」としか思わないが「シンデレラ城にはめ込まれていたのと同じものです。」と聞けば一気に価値があるように感じる。

ホリエモンさんが仰るように、飲食店のメニューにもそのストーリーがあるのとないのとでは全く味が変わって受け止められるだろう。そのストーリーを作り、商品名を聞いただけで思い起こしてもらえるようにするのがブランド戦略の本当の目的。見た目を整えるブランディングはその一部に過ぎない。

実際、ビールは、銘柄を聞いてから飲むのと聞かずにブラインドテイスティングするのとで全く味の評価が変わってしまう。ブランドは味覚に確実に影響を与えるのですよ…
高岡さんとは対談だけじゃなくて色々勉強させてもらってます。新しい現実の話凄く良い。
日本の外食産業の規制が比較的ゆるいというのは意外でしたが、考えてみれば屋台出店文化が影響しているのかもと思いました。私も先週末、地元の農業まつりでお好み焼き露店を仲間と出していましたが、盆踊りでは焼きそば、焼き鳥。産業祭では女川のホタテを焼く、、、というように素人でも地域活動をしていると屋台出店の経験が年数回はあります。
そもそも文化祭、学園祭がそうですね。
祭りといえばとにかく多種多様なものが300円から500円で食べられる。府中の大國魂神社大祭における露店のバラエティは尋常じゃありません。
生真面目な日本人イメージとは裏腹に「祭りの際はタガを外そう」的なスピリットと外食の規制の緩さが相関関係にあるとすれば随分と面白く愛すべき文化です。
「情報を食べる」時代だというホリエモンの指摘は、確かに「新しい現実」の1つだなと感じます。繊維・ファッション産業でもユニクロが「情報製造小売業」を標榜しているように「情報を着る」時代です。これは良いとか悪いとかではなく、1つの現実であり、現象なんだろうなと思います。あとは、その現象や流れをどのように捉えるか?伸るか反るか?という判断が大事かな、と。

余談ですが、ホリエモンもクラウドファンディングを支援した名古屋の「鮨しん」、私もプレオープン行きましたが美味しかったし、楽しかったです。修行が勉強に変わった感じでしょうか。今はどうなってるかな。また食事に行かねば。
食や日用品はもっとも基本的なモノだけに、世の中のトレンドが現れやすく、マーケティングが発達しています。食産業に関わりのない方も、この対談を読むと、きっとビジネスのヒントがあるはずです。
記事にあるケータリングですが、国内ではまだ法人向けが主流とは言え非常に利益率が高いです。そもそもFLコストが45%(外食だと約60%)ですし、好立地不要な為家賃も低い。その為、平均値でもお付き合い先では営業利益率25%は超えていらっしゃいます。
お客様のかゆいところにいち早くリーチできると、やっぱり収益性は高いですね。
日本の食の規制が世界で一番緩い。その中で、「新しい現実は何か」をマーケティングし直す。「客はラーメンを食ってるんじゃない。情報を食ってるんだ。このラーメンがおいしいと客に信じ込ませる」「オフィスでおいしいコーヒーを安価で飲める」という問題解決するサービスに変える事業デザインが重要ですね!
幸楽苑の大胆な「いきなり!ステーキ」FC転換も問題を見つめ直し、新たな解決策に出たのでしょうか
B級グルメを含めて日本ほどおいしいものを安心して安価で食べられる国はほかにない。
海外の色々な国で食べて、あたって腹を壊して、アレルギーになって、挙句に肝炎直前までいった身としては、「安心して食べれる」ありがたみは大きい。
その意味で、高級レストランから屋台まで、食材や衛生を気にせず食べれる日本の食産業はすごいです。

食産業って規制が少ないんですね。勉強になりました。
昨今話題になった自動車工場の検査員制度と絡めて考えると、規制がなくてもちゃんと産業が自助努力で発展できるいい事例。
自由度の高い日本の食産業が、自ら新しい成功モデルをいくつも作り発展する事が、内需の拡大と平均賃金上昇に寄与する事になる。
食生活における課題設定を正しくおこない、注力すべき課題を選ぶ。まずはそこから。西麻布近くのcronyというお店で友人がシェフをやっているが、彼は自分で店を持ちながら定期的に海外の様々なお店で修行し、未だに味も接客も学び、腕を磨き続けている。

それは料理もお客様も生産者様も、進化し続けるから。どの世界も学びに終わりはないですね。
「寿司屋の修業10年は無駄だ」という話をして大炎上...とありますが、無駄とは言い切らなくとも、修行が全てではないと思えるようになったのはアメリカに来てからです。

職人が評価されるには、評価する側のレベルも要求されます。色んなカルチャーが混在するアメリカでは、成功までのプロセスを評価するのは難しい。分かりやすく結果を出したもの勝ち。

ついこの前もロスのミシュラン店Mori Sushiの大将とこの話をしました。
この連載について
日本が世界トップ級の実力を誇る分野。その一つが「食」だ。しかし、外食業界など食に関連する業界は、ビジネス面や世界展開では苦戦している。どうすれば日本の「食」は稼げるのか。堀江貴文氏が高岡浩三ネスレ日本社長、浜田岳文氏と語る。

業績