新着Pick
376Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
これからIoT/AIがどう使われていくかが楽しみな業界ですねぇ ファッションもですが 似ているけどちょっとちがう、はデータ系AIの得意分野ですから

ノースイースタン大、ボストンにあります 一流校では決してありませんが、流行りの分野に集中投資して、頑張っている印象ですよ
資生堂がAIやARをサービスの軸に据えることはわかるが、企業を買収して内製化するのは重い決断です。取締役会でどんな議論があったのか聞きたいな。
広告代理店視点で。
事業会社が自らAI企業を買収し始めると、代理店が提供するべき価値は再定義する必要がある。
資生堂さんはプライベートDMPを構築するなど、データを基にしたマーケティングを今後の重要な差別化の一つとして自前の機能を強化してきているように見えます。ニーズの把握、パーソナライズ、販売後の効果測定など、どこまで顧客のことを理解するかの競争になってきていますね
化粧品は特にパーソナライズが重要な商品だと思いますね。
「ARを駆使してバーチャルにメイクアップをしたり、素顔に戻したりする技術に加え、メイクアップのアドバイスやカラーマッチング、パーソナルコンサルティング、顔の測定、肌色診断技術を提供している。これらの技術はモバイル端末やタブレット、デスクトップパソコン、スマートミラーに応用可能で、資生堂傘下の全てのメイクアップとスキンケアブランドで使用する。」
とかくAI企業と取り上げるが、ARで、マイニングで、そしてAIなんだと思う。技術オーケストレーションで経験を作る企業でしょう『ビッグデータやAR(拡張現実)などのAI技術を用い、データマイニングや予測モデリングの新しいアルゴリズムを開発している』
ARでシミュレーションして自分に似合ったメイクアップを、実際に施してくれるメイクアップ・ロボットがいずれ登場するのでしょうね。美容家電の主力商品になるかもしれません。

メイクアップには1mmも興味ない私も、実際に散髪・整髪してくれるヘアメイク・ロボットならちょっと欲しいかもです。
ビュティテックもXtechとして注目してます。
株式会社資生堂(しせいどう、英語:Shiseido Company, Limited)は、化粧品の製造・販売を主な事業とする日本の企業である。化粧品の国内シェア第1位であり、世界シェアでは第5位。世界88ヶ国で事業展開し海外売上比率は5割を超える。 ウィキペディア
時価総額
2.79 兆円

業績