新着Pick
498Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
弊社の社外取締役の安藤さんにインタビューを受けていただきました。

安藤さんと仕事していると、
常識や慣習に引っ張られたり、思い込、視点の狭さに気づかされることが多々あります。
合理的な視点、視野の広さ、鋭い感性をお持ちの方で、
一緒に仕事していて、非常に勉強になります。

一方で、何よりもこれまで多くの実績をあげられているにもかかわらず、
物腰やわらかかつとても明るい方で、
話していてこっちを元気にさせてくれます。

安藤さんにお会いする前までは、プロ経営者としてやっていくには、
畏怖させる雰囲気、徹底した合理主義者、強いカリスマがあるなど
尖りのある部分が必要と感じていました。
しかし、どこにでも通用する経営者というのは
良好なコミュニケーション、合理的な思考、現場を把握するなど
当たり前のことを当たり前にできる人ということを認識できました。

プロレドでは、安藤さんのような方々と一緒に企業再生に関わるコンサルタントを募集しています。
見たく無い未来を直視して、当たり前の事を
淡々とやる。

その通りだと思うが、それが出来ない人の
中では、それ自身がもはやカリスマと呼べる
かもしれない。

一方で再生と爆発的な成長は別物と思う。
そしてそれは、当たり前の事では達成出来ないと思う。
PEファンドが再建で入ったときに、何度も指名されて経営手腕を発揮している安藤一郎さんにインタビューしました。レックスHDなどで社長を歴任しています。
「プロ経営者」と聞くと、カリスマがあって、目力があって、という方がとても多いのですが、安藤さんに会って、こういうタイプの方がいるんだ!と正直驚きました。カリスマがないなりに、「会ったら得した」と思ってもらえる努力をするとのこと。会議の後に、従業員の顔が生き生きしているかどうかで、勝敗表をご自身で作っているそうです。
「NATO軍」、わかりやすくて良いですね。以前に書きましたが、残念ながらアジアの一部で日本人≒NATOのように見られています。
ちなみにロジカルに考え説明できる力はプロ経営者に必要な能力である一方、アントレプレナーにはあまり当てはまらない部分だと思います。経営ステージ別必要能力の違いの典型例ですね。

アジア圏で現地経営者に「日本人はNATO(NO ACTION TALK ONLY)だ」と言われたことで、それまで以上によりスピーディーな意思決定をするようになりました。
細かくは5つのP、「Product(製品)」「Price(価格)」「Place(店舗)」「People(人材)」「Process(過程)」で見ていきますが、大きなフレームワークとしては3つの枠を意識しています。「戦略立案」「組織改革」「オペレーション」です。