新着Pick
256Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「誰かが用意した場所、ルールの中でやっていくのか。」
「自分たちで、場所も、ルールも自ら創っていくのか。」

今回、私たちは後者を選択しました。

競合は資金力、ブランド、人的資源、全ての面で私たちを大きく上回ります。この挑戦がリスクのある挑戦であることは間違いありません。

それでもチャレンジする。
1つ1つの課題を乗り越え、勝つべく戦略を練り、前へ進む。

今、LINEは、国内ユーザーはMAU7100万人になり、広告事業も成長し、順調にその事業を進めているように見えているかもしれません。
でも、LINEの経営陣、そしてメンバーの中にあるのは「危機感」です。激しく環境がかわっていく中で現状維持で生き残れるほど甘くはありません。

だからこそら次のために、このような無謀ともいわれている挑戦を始めました。LINE社の強さは、このような判断を今でも出来ること。

そして、今回インタビューに答えているメンバーのような人材が集まってくれていることだと思います。

ゼロからまた始めています。

このゼロの環境、世界的な企業と競争できる稀有な環境をもっと多くの仲間と楽しみたいと思っています。

興味がある方は、是非、お気軽にお声がけください。
メンバーがコーヒーおごってくれます、きっと(^^)
スマートスピーカーを使えば、家の中の会話は
全部録音できて、その内容を全て分析できる。
買った時点で、データを渡す事を同意するとすると、
極めて優れた、情報収集の仕組みだと思う。

買う人は、その事は意識して置いた方が良いであろう。
11月からLINEのAIプラットフォーム「Clova」のチームに移籍します。まだ世に正解がないプロダクトを創る面白い環境。リスクを取って挑戦する企業こそ、資本主義の原点かなと。強豪もひしめく中、挑戦を生き甲斐にする人は、この指止まれ。
国際的な競争では、アマゾン、グーグル、マイクロソフト、アップルに対してかなり不利な闘い。
しかし、スマートスピーカーの改善は、取り込める情報量も大きな意味を持つ。また、利益は補完サービスからの方が大きいので、あるシェアを持つことが市場に残るための条件。
ラインさんは日本市場でシェアをとれれば、日本市場対応では、一定の競争力を維持できる可能性はあると思う。
個人的にはスピーカーよりも、音声エンジンの制度と他プロダクトへの転用可能性が気になります。アマゾンの音声エンジンは既にスピーカーだけではないですね。
この領域はまさにこれからなので面白そうですね。
応募しようかな、なーんて。