新着Pick
98Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
予想通り、日経平均は節目を抜いて一気に上昇に弾みがついてきた、一方で相変わらず日本の個人投資家は弱気で歴史的な売り越し基調が続いている。そもそも21年ぶりの高値になってきた、という事は 日本株の大きなトレンド変換が起きている事を感じないといけない。そうでなければ21年ぶりの変化など起き得ないはず。ところが、残念ながら日本人全体の株式に対しての冷めた、冷ややかな見方は一向に改善しない。この水準でも配当利回りが4パーセントを超える株式が山のようにある。いつまでもゼロ金利で我慢していないで、配当狙いでもいいから、とにかく投資する事、そして実感する事、それを行えないと、確実に資産運用の敗者になっていく。いつまでも恐れていないで多くの人々が素直に株高を受け入れて投資の経験を積むべき。政府もそれを目指している、だから一所懸命日銀も買い続ける。その日銀も10月は一度も株式を買えていない、だけど下がったら買う、株式投資は政府も日銀もバックアップを続ける。
日経平均株価は200円大幅高で9日続伸となり、遂に21000円に乗せ20年11カ月ぶりの高値となっています。
米国株は小安く、SQは売り長だったため、今朝の東京市場は方向感に乏しく、小動きで始まりました。
前日に決算を発表したFリテイリングが大幅高で始まり、その後も値嵩株が堅調推移だったこと、昼間に出た中国の貿易統計も勢いを増したこともあって、後場から一段高となりました。
予想外に値幅が出たのは日経レバETFの売り方のカバーやNTショートの巻き戻しといった特定投資家の需給要因があったと観られます。
週を通せば458円高と5週続伸、北朝鮮が記念日にノーアクションだったこと、与党安泰の選挙観測報道や米国株の連日の最高値更新が追い風になりました。
来週は米企業の決算発表が本格化する他、中国は共産党大会と世界一早いGDPが出て来ます。
ブラックマンデー30周年も迎えますが、「21年ぶりの21000円」に山一ショックから20年の越し方を思い、デフレ脱却へ「真の夜明けが近い」のかどうか、市場は探り続けそうです。
株高で損をする人はそれほどいないと思いますので、良いニュースだと思います。

北朝鮮問題が横に置かれ、グレーターチャイナで一部気になる指標が出たものの内外総じて景気がしっかりしており、ドル円も米株も小動きな中、下期の業績期待を念頭に海外投資家がしっかり買い戻している、そんな印象です。

ちなみに海外投資家は、日本株の現物について9月第3週まで売り越し基調でしたが、9月最終週にネットで2000億円程度、10月第1週(10/2-10/6)は6500億円程度買い越しになりました。

この辺りで日銀が少し株のポジションを落として将来の買い余力を増やしておくのは悪くないと思います。その程度の柔軟性はあってもいいと思いますが、いかがでしょうか。
日経平均株価は9営業日続伸、TOPIXは5営業日続伸。東証1部騰落銘柄数は値上がり1,206/値下がり723と買い優勢。業種別では上昇27業種/下落6業種。空運業、小売業、その他金融業が高く、繊維製品、サービス業、保険業が安い。東証1部売買高は18.4億株。東証1部売買代金は3.2兆円と9月19日以来17営業日ぶり3兆円超。2兆円超は5営業日連続。

為替、ドル円は円買い優勢。朝方112.2えん付近でのもみ合いから午前中は円が買われ11:30に112.00円。以降午後にかけては112.0-112.1円の小幅なレンジでもみ合い。16:10時点ではさらに円が買い進められ112円を突破し一時111.83円。

日経平均は寄り付き20,959.66円、前日比+4.94円。本日はオプションSQ。QUICK試算でSQ値20,957.62円。前場寄りしばらくは上げ幅を縮小、一時マイナス圏となり、日中安値20,933.00円(9:30)。その後、安値圏でもみ合った後、前場中頃に上げ幅を拡大、21,000円を上抜け。前場引けにかけては21,000円付近でもみ合い。後場に入ると寄り付きから一段高、後場中頃にかけて上げ幅を拡大し、日中高値21,211.29円(13:15)。以降は後場大引けにかけて概ね21,150-21,200円と高値圏でもみ合い。終値は21,155.18円、前日比+200.46円。ザラ場ベースでは5営業日連続、終値ベースでは9営業日連続で年初来高値更新。1996円11月27日終値21,345円以来約21年ぶりの高値水準。

本日終値時点での各株価指数の騰落率(対前年末比)は以下の通り。
日経平均株価 +10.68%
TOPIX +12.51%
TOPIX100(大型株) +10.22%
TOPIXMid400(中型株) +14.08%
TOPIXSmall(小型株) +20.99%
東証2部指数 +31.85%
マザーズ指数 +16.51%
JASDAQ INDEX +32.34%
前場終わったあたりで寝ちゃったから、起きて200円高になっててビックリ。
【経済】選挙が終わるまではまだまだ値上がりするのかもしれない。ただ、ちょっと異常な値上がりの仕方のような感じがしたのと、週末に何が起きるかわからないので後場になってから保有株の6割程度を一旦売却しておいた。一番高いところで売れるに越したことはないのだけど、「腹八分目」といった感じかな。