新着Pick
117Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨今、「農家の顔が見える」が流行りだった小売業界において、全く逆の「顔が見えなくてもいいから利便性」でサービスを仕掛けてくるように推測します。

統廃合の進む生協コープのマーケットを、IYとアスクルが狙いに来たというような感じでしょうか。
オイシックスは「顔が見える」でポジション確保できるなら、上手く住み分けできそうですが、青果コーナーに強みを持たない小売店にとっては脅威かもしれませんね。

アマゾンも台頭してくる中で、10年後のコンビニの姿を想像する打ち手なのかもしれません。
Amazonフレッシュとの差別化という視点では、実店舗との連携は鍵になってきそうですね。
アスクル株式会社(英語: ASKUL Corporation)は、東京都江東区に本社を置く事務用品を中心とする通信販売会社。 ウィキペディア
時価総額
1,713 億円

業績

株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。TOPIX Core30構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
4.17 兆円

業績