新着Pick

工場一筋トヨタ副社長が語る車づくりの真髄

東洋経済オンライン
「手作業こそ技能の原点だ」ーー中学校卒業後にトヨタ自動車の技能職養成校に入り、製造現場のたたき上げとして初めて役員まで上り詰めた河合満副社長。10月11日の夜、東京大学の講堂に詰めかけた500人以上の学生…
154Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「「リーマン前には世界中で毎年50万台ずつ増産していき、ラインをどんどん作っていたが、それが設備余剰になってしまった。知恵や工夫、技術を入れない設備をどんどん並べてしまった。まさしく無駄なラインを作った結果だ」と述べた。」

うーん、これは難しいところですね〜。

もしその時期に、その拡大をせずに慎重な戦略を取っていたら、果たして現在のトヨタになっていたかどうかもわからない。

河合副社長の言葉は生産側からは正しくとも、ではより慎重に段階的台数増を狙ったとしても、販売は機会を逃したら後から付いてくる保証はない。

何が正解かは誰にも分からない。
河合さんの話は良い話なので、特にいちゃもんをつけるつもりはないのですが、「現場が大事」とか「手作業が原点」という話しは否定し難く、一種のノスタルジアが入りがちで、逆に見落としてしまうことを増やしやしないかと杞憂しております。
これは面白い。
トヨタの規模の会社で、副社長が「『おはよう』と言っても『おっす』と言われる。」って凄いことですよね。
それが心地いい、とサラッと言えるのもカッコいいですし。
トヨタの現場を大事にする文化が滲み出てる逸話と感じます。
今でこそトヨタも揺るがないトップ企業ですが、昔は日産自動車の方が1位だった時代があるんですよね。
トヨタの方に話を聞くと、本当にやるべきことをマジメに淡々とやってるだけで、特殊なことはやってないと言われるケースが多い印象なのですが、リーマンショックのくだりとか、その真髄を感じる逸話です。
個人的には工場の自動化が進んでも「手作業が技能の原点」という部分に、AIによってホワイトカラーが直面するであろう未来のヒントを感じます。
「1963年に入社した当時は本社工場と元町工場の2つしかない小さい会社だった。国内販売は日産自動車に次ぐ2位。いつかは1位になりたいというのが皆の合言葉だった。」(記事引用)

ちょうど大学院の授業で、戦後史をふりかえる回で、財閥解体が戦後経済の礎のひとつになったことを、あらためて確認した。それで気になったのがトヨタ。戦前からある会社で、調べると、第5次指定(小規模財閥)の1社に指定されていた。しかし、実質世界一の自動車会社となった今も、町工場の資質(企業文化)を維持しているトヨタは、旧財閥系とは明らかに違う「何か」をDNAにもっている。それは、大袈裟にいえば、縄文時代から続く日本人の「ものづくりの魂」に、愚直に向き合う姿勢なのではないかと感じる。
自動車メーカートップによる大学出張事業シリーズの一環。生産現場からの叩き上げ副社長を東大の授業に出したトヨタのユニークさに敬服。

また、企画を主催した日本自工会のセンスもナイス!
東大の人に聞いて欲しい話ですね。
素敵です。
羨ましいなぁ。やっぱり日本はモノ作り大国でメーカー勤務だと一目置かれますよね。因みに私たちも「手作業」です(悔し紛れの愚痴(笑))。
自工会の粋な計らい。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカー。トヨタグループの中核企業であり、源流は豊田自動織機である。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」。トヨタグループ内では「TMC」の略称で表記される。 ウィキペディア
時価総額
22.8 兆円

業績