新着Pick
141Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
安倍政権や以前の民主党政権は、共に、基本的には大きな政府。その一つの表れとして、官僚の既得権を守るために政府系金融機関や官民ファンドを乱立させたままです。それが民間企業へのターゲティングポリシーとかゾンビ企業向けの補助金や融資に繋がっている。もちろん価値ある中小企業は日本に山のようにあるのでしっかり支援すべきだが、それは民間金融機関や民間ファンドで本来できるはずのことです。

政策投資銀行の民営化なども、結局決められていた期限を守らず、ズルズルと延期したまま。政府系金融機関の役割はとうに終わっているのだから、無理に存続させるのは百害あって一利なし。現にこうした不正をしなければ存在意義が示せなかったわけです。
「トップ引責辞任へ!」と云うけど、社長をクビにしたって、何も変わらないよね。商工中金の社長は、ほぼ歴代経産事務次官(安達さんの前の杉山さんも)の指定席、№2の副社長・稲垣さんも元国税庁長官、絵に描いたような天下りです。商工中金は「日本で唯一の政府系中小企業専門金融機関」と豪語するけれど、事業の本質は「血税」で中小企業のオッサンにオッパイ(利子)を呑ませる「天下り法人」なんです!   
無論、天下りの社長さんらは中小企業の現場・現実を知る由もなく、彼らの仕事は出身省庁に圧力をかけてオッパイの元手(国家予算)を分捕らせること。彼らが「殿様」として、ふんぞり返っていられる所以です。
一方、天下りの殿様に代わって、実務を仕切っているのは生え抜きの幹部連中です(大ボスはプロパー副社長の菊池慶幸さん)。長年にわたり、天下りと生え抜きの「なれ合いと責任逃れ」の経営が続いたため、根太がボロボロに腐ってしまった。社長以下の幹部を「総パージ」しない限り、不正の根絶は不可能です。
外から純粋民間人(地銀・信金の経営者とか)の「改革チーム」を迎え入れるほかないのですが、おいそれと「伏魔殿」の社長を引き受ける人がなく、世耕経産相は頭を抱えているそうです。
本来なら「潰すか、完全民営化」なんですが、与野党の商工族議員が庇護するから、決して潰れません(共産党でさえ擁護的です)。商工中金には中小企業のオッサン(集票マシーン)にオッパイを呑ませてきた偉大な功績があるからね。トホホの「オッサンしがらみ」です。
「制度貸にハメる」
政府系が数字を追えば、こうなりますよ。
予算使い切りのための不正に融資先まで巻き込むとかほんと最悪だわな。。。不正して予算消化するなんてそもそも政府系金融機関の存在意義が問われますね。