新着Pick
205Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
iPhone、10代だと米国で8割近いシェアというのが一番の驚き(この調査を真とすれば、という前提付きだが…翻訳ミスと一瞬考えたが、グラフも「Own an iPhone」となっている…)。
米国でのiOSシェアは大体半分ちょっとの模様。あくまでOSシェアで、フローの売上台数だと半分弱(昨年の年末商戦)。
http://diamond.jp/articles/-/144140
https://iphone-mania.jp/news-151285/

<追記>Takuさん、有難う御座います!やはり歪んでいたか…ちょっと直感的には高すぎる数値だなぁと思ったのです。<追記終>
確かにブランド力での勝利、ですね。

日本においてはアンドロイドの認知さえ低い状況ですから、
刈り取り場所としてもフューチャーフォンからの移行が
アンドロイドというのは考えにくいとすると
日本におけるiPhoneの支持率及び浸透率は
米国の数字を上回るのかと。

グーグル検索世代、というのがあるとすれば
10代は既にSNS検索、コマース検索。
現在の20代、そしてその先の10代の情報タッチポイントで
考えるとますますアンドロイド離れしそうな感じはしますね。
米国の10代には、iPhoneの人気が強いですねー。

Googleのデバイスがあまり流行っていないのでしょうか?
日本発売を心待ちにしているのに〜😅
私は頑なに富士通ARROWS!日本人なら日本製使え!っていう「アタマがガラパゴス携帯化」してるオヤジです(_ _ )/ハンセイ
機能面と価格から考えればAndroidで十分だと思いますが、やはりiPhoneのブランド力は強い。iPhoneが強い日本ではどのような傾向が出るのか知りたい気もする。以外にこの世代ではiPhoneの方が少なかったりするのかもしれない。
iPhoneは、素晴らしいですからね。使いやすさと、なによりセクシー。これは初めてマッキントッシュを見た時の感動に似ているかも。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。ダウ平均株価指数構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
91.0 兆円

業績