新着Pick
121Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
タカタや日産自動車のように消費者に近い川下企業の不正なら、個別企業の経営問題として片付けられますが、素材など川上企業の不正は川下にも広がるので、産業・マクロ経済レベルの問題に拡大する恐れがあります。
まずJR西日本が損害賠償請求に名乗りを上げた。不正なデータでアルミ部材を200社以上に納品したという。数十社の米企業からの訴訟も時間の問題か。底無し沼に沈む不気味な空気。自動車のエアバックの交換と違い製品に組み込まれたアルミ部材の交換は容易ではない。ESGのG、即ちガバナンス不在は企業を経営危機に陥れる。第2のタカタとなる懸念が広がる。株価動向に要警戒です。
自動車ではすでにトヨタ等も報じられているし、航空機についてもSUBARUの航空機部品で報道があったので、驚きはない。ただ、損害賠償などとても広範囲なものとなりそう…
損害賠償保険について、不正の場合は適用できるのだろうか?
https://newspicks.com/news/2547842
いままでちょっとかなしかったけど、だんだんこわくなってきました。。。まだ始まったばかり。。
商材が渡る範囲が広いため、訴訟対象が莫大で負担が自社でできなくなりそうだ。自社再生は難しいかもしれない。
国内自動車メーカーの大半に加え、独ダイムラーや欧州エアバスなど海外企業も30社超が納入先であったことが分かったとのこと。海外メディアでも報じられていますが、グローバルに展開していた会社だけに影響は本当に大きいですね。
対応にも相当な時間と手間がかかりそうです。
神戸製鋼所の広報と話しました。本日夕刻の会見は品川駅界隈であるようですが、時間と場所は15時頃に確定するとの事です。
まだ始まったばかり。。⑵

それにしても何の数値をどの程度改ざんしたのか、まだ見えてきませんね。で、それはなんで起きたのか。

その辺りを知りたいです。
株式会社神戸製鋼所(こうべせいこうしょ、英語: Kobe Steel, Ltd.)は、日本の大手鉄鋼メーカー。統一商標・国際ブランド名は、「KOBELCO」。大手鉄鋼メーカーの中では最も鉄鋼事業の比率が低く、素材部門・機械部門・電力部門を3本柱とする複合経営が特徴。素材部門では線材や輸送機用アルミ材、機械部門ではスクリュ式非汎用圧縮機で高いシェア。電力部門も電力供給事業としては国内最大規模を誇る。 ウィキペディア
時価総額
4,161 億円

業績

時価総額
10.2 兆円

業績

ダイムラー(Daimler AG )は、乗用車及び商用車の世界的メーカーである。2006年の生産台数は204万台で世界13位。トラックの販売では世界最大手であり、三菱ふそうトラック・バスを傘下に持つ。 ウィキペディア
時価総額
9.6 兆円

業績