新着Pick
25Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
同感です。特に、この部分は核心に触れると思います→「一部FRB当局者がインフレ率の低迷は経済の一部に見られる一時的な要因によるものとの見解を示していることについては、分析対象を「細かくし過ぎている」とし、技術革新などの要因が物価抑制の背景にあるとの事実を看過しているとの見方」

今のFRBはどうしても「そのうち上がってくる」と物価を評価し、停滞を一時的と処理したいようですが、現実問題として自らが掲げたコアPCE目標がご案内の状況なわけで、もっと計数に正直に運営した方が後々、後悔は無いように思います。
そういった意味では、日本もインフレ率が低い状況で拙速な出口に向かうのは信頼を失う恐れがあるはずなのですが、なぜか出口の議論のオンパレードです。
仰る通り。日本ではなぜこれほど出口を議論しろと批判する自称識者が多いのか理解出来ませんね。アクセルとブレーキを同時に踏んでは前に進まないのは当たり前。
マネタリスト的な経済学のセオリー通りの対応ですね。
インフレ目標は、人々の期待物価上昇率を目標値の方向へ誘導するとされていますが、途中で政策を変更すると人々は中央銀行の政策を信用しなくなります。その結果、人々期待物価上昇率がかく乱され、当初の意図通りの結果が出なくなるというものです。
こういう考え方に立てば、インフレ目標を重視するコメントも理解できなくはありません。