新着Pick
1200Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回のプレゼンで印象に残ったのは
http://www.fastretailing.com/jp/ir/library/pdf/20171012_yanai.pdf
-「業界が消える」
-「無駄なものを作らない。無駄なものを運ばない。無駄なものを売らない」

柳井さんの思いを解釈をすると、
-モバイルデバイスによる顧客接点の強化と生涯価値の追求(脱店舗主義)
-カスタマイズ化
-短納期化
-高収益化
これをユニクロの良さを生かしながら実現するということでしょう。ファッションという言葉が出ずにLife Wearといい続けているところに現れていると思います。

有明も正常化しているようですので、この1年が楽しみです。
期待は高まるけど実際に何をするのか分からないという状態がかれこれ2年目に入っています。
【追記】
タイトルの内容について、記事でも
「現状の東レ、三菱商事、アクセンチュア(ACCENTURE)、ディズニー(DISNEY)、アップル、グーグル、フェイスブック(FACEBOOK)、アリババ、テンセントなど、世界の一流プレイヤーと組んで一緒に仕事をやっていきます」とありますが、実際にこの件に関しては質問も受け、柳井さん自身が今後やっていくと回答もされている

下記リンクの動画30:00、55:30くらいからがそのことに触れている内容
https://www.pscp.tv/BloombergJapan/1gqGvOjyqNBJB

会見を見ました。今日、一番印象に残ったのは「情報製造小売業」という言葉。これまでのIT、メーカー、小売と分かれているのではなく、一気通貫、全てを把握したアパレルになると。ミドルレンジを扱うグローバルブランドでこれを持っているのはファストリだけなので絶対に勝てると。
アパレルの経営者がここまでテックに言及するには珍しい。Inditex、H&M、Gapとは違う方針だ。アパレルは結局はライフスタイルを反映する産業。この方向性は中期的には避けられないだろう。グローバルプレーヤーの中での独特なこの戦略は面白い。
一応…下記が説明資料で、これらの企業と具体的に何か新規に業務提携とかをしたわけではない(適時開示はない)。
会見は見ていないが、記事は柳井さんの説明会での発言をまとめたもので本文を読めばわかるように、こういったテック企業が顧客ニーズに応えて生き残るという時代の中心にいて、そういった企業と協力も競合もしていく、という抽象的な話の中での例示。
http://www.fastretailing.com/jp/ir/library/earning.html
柳井さんと直接お話させて頂いた。
柳井さんの挑戦は、今までに服飾の業界全く
なかった手法を取り入れようとしている。
コンセプトとしては、インダストリー4.0の
考え方と同じ部分も沢山ある。

バズワードを使わずに自分言葉でそれを述べている。
理解できる人にはとても腹落ちする
話だと私は思う。
成長される企業は常に現状維持への危機感が強いですね。ハイテク企業を協力先であり、競合先と捉えた上でどう展開されてくるのか?業務改善の範囲なのか購買体験においてもなのか。この辺りは気になるところです。
これまで築き上げてきた独自のポジションとこれから進んで行く方向を明確かつ簡潔に示している。素晴らしい。
情報製造小売に移行することで、two-sided platformを作れるか?が次のステージにいけるか、いけないかを決めそうな気がします。
現代のアマゾン、グーグルのような先進企業はtwo-sided platform、もしくはmulti-sided platformを形成していて、グローバルスポーツブランドをそこに挑戦しています。
あとは時間の戦いでもあるでしょう。
無駄なものを数多くつくるアパレル業界において、実は無駄なものを作らないことほど難しいことはありません。各企業と組んで、イノベーションを起こしていく。リーディングカンパニーだからこその覚悟、素晴らしいと思います。
====================
企画、生産、物流、販売まで、私たちが自ら主体的にプロセスの全てを改革します。その基本は、「無駄なものを作らない。無駄なものを運ばない。無駄なものを売らない」ということだ。全ての業務プロセスを自分たち自身が完全に理解し、生産や物流のパートナー、お取引先と一緒に問題を解決していく。
阿里巴巴集団(アリババジタン、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア
時価総額
50.1 兆円

業績

業績

株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
4.73 兆円

業績

Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。 ウィキペディア
時価総額
100 兆円

業績