新着Pick
320Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
子供向けオンライン学習の最大手VIPKIDの記事。

中国においては学歴社会の勝ち組アッパーミドル層は児童教育を極めて重視しており、お金のかけ方も半端ないです。

その中で、特に重視しているのが語学教育。私の友人の大学教授も毎月日本円にして約4、5万円を子供の英会話教室に使っているそうです。

社会全体の所得の向上に伴い、中間層がますます増加傾向にある中国。児童教育市場はさらに拡大していくことでしょう。
以前、中国の方から「中国で100万人の会員というのは、へービジネスやってるんだねくらいの印象です」と言われ、その母数の桁の違いをまざまざと感じました。昨年北京で開催された教育系のカンファレンスで、そこでプレゼンをしていた方や出展していた方に伺ったところ、月1万円を教育費にかけるのはザラだということ。また、中国の方の感覚として、「タダのものには価値がない」「安いものに価値はない」と考える傾向があるそうで、教育にもそれは適用される傾向にあるとのこと。

マーケットは魅力的ですが、一方で外資にとっては合弁会社を作らないと中国でビジネスが出来なかったり、法律がいつ変わるか分からないなどの不安要素があると聞いています。
今年の香港のRISEのピッチイベントで優勝していたのも教育関連。ゲームで数学を覚えるというもので、現状はまだシンプルですが、色々と進化させていく、という話しを創業者がしていました。

追記:今さら気が付きましたが、これ大内さんの記事なんですね。中国・香港事情をよく理解されている方です。
フィリピンではなく北米ベースのオンライン英会話というのが良いと思う。フィリピンだとアジアン英語からいまいち抜けきれないが、大人の初心者にとってはハードルが低く聞き取りやすい。一方で、北米ならネイティブの英語が直接聞けるので変なクセもつかずに子供からのスタートには向いているのかも。
中国人の子供への教育投資がすごいのよ!

世界で1番話されてる言語、中国語と英語を話せる人材だらけの中国の将来はすごい
富裕層向けのオンライン学習サービスが紹介されてますが、中間、下流世帯向けサービスのニーズが高そう。
なんといってもマーケットのボリュームが大きい。

リクルートのスタディーサプリも中国進出狙ってるくるのかな。
レアジョブは何をしていたのか。。。
中国からの留学生は英語がほぼ完璧で日本語も流暢。中国という圧倒的な市場があるのに外向き指向です。それでもなお英語学習ビジネスがこれから拡大するという。日本の危機感や教育ビジネス観との落差にため息です。
合わせて、こうしたオンライン学習事業が国境を超えて加速していること。日本の子どももアメリカや中国のサイトや教材で勉強することになります。逆に日本の教育産業が海外に打って出る環境を整えたい。クールジャパンのコンテンツ海外展開の次は教育分野だと考えます。
Linkedinもユーザー数を一気に増やしていますね。日本よりもグローバル化してきていますね。
中国の会社と提携して、海外からサービスをやれるのであれば手軽でいいビジネスかもね。それも儲かるかは疑問符ですが。それぐらいの印象です。
今アメリカいて思うのは文化やコミュニケーションごと慣れる必要があるのでホントにいいのはそういうイングリッシュスクールに通う事ではないかと。
アメリカはイエスノーがはっきりしてると言われてるけど
実際は建前がすごい大事にされてて、相手を称賛するのは挨拶、
日本人はストレートでクイックだなと言われたりします。
早いうちに慣れておきたいですね。