新着Pick
158Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
よく見たら、この記事を書いたのは、うちの姉さんか。
自動車メーカーのエンジニアに言わせれば,記事にあるインドのタタも,中国の新興メーカーも,失敗メーカー.一度洗練された自動車に慣れた顧客は,自動運転やEVだからと言って粗雑な乗り心地のクルマを買わないことは明らか,と思うのでしょうね.
クルマの変革に気付いていないのか,いるけど目をそむけているのか,自分が退職するまでは大丈夫と思っているのか.
「走る、止まる」といった車としての完成度はいざ知らず、自動運転や遠隔監視の制御 にマイクロソフトのクラウドサービス、アジュールを採用しているところが興味深い。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASDX16H0V_W7A210C1FFE000/

マイクロソフトもずっと自動車業界に興味と野望を持っていたし、IT立国のインドとしては、先にIoTありきの車作りもうなづける。

コネクテッドカーは、通信インフラやサービスのビジネスモデル構築が前提の総合力勝負なので、車単体の価格だけでは評価できないが、少なくともアプローチは興味深い。
タタ・ナノは世界で最も安価な新車価格の4ドア乗用車として話題を集めました。自分が大学生の時に出てきて、車は20万くらいで買える世の中になったんだな・・と思ってましたが普及せず。

タタは、固定化されたサプライヤーチェーンがないため、すぐにブランド転換が図れたとのこと。

確かに日系製造業がここまで大きい意思決定をした、するイメージは湧かない。

根底にある要因が何かをもう少し掘り下げたい。
インドのタタでは2万ドルのコネクティッドカーとは驚き。ヨーロッパメーカーが同じレベルを作ったら4万ドルというのも興味深い。アジアメーカーの進歩はすさまじいですね。
川端由美さん、普段良い記事書くので好きなのですが、なんだかこの記事はとっちらかって、言いたいことに対して取材対象が収斂していない印象。

インドネシア市場はブルーオーシャンと書かれているけど、それは昔の話。今やレッドオーシャンだとプレイヤーは思ってるはず。

「3列シート7人乗りというインドネシア市場のど真ん中を狙ったSUVだ」という三菱の新型車が出たのは確かだけど、全く同じコンセプトで新興国専用車としてトヨタがフォーチュナー出したのはもう10年以上前。今回の三菱はものの出来は良いかもしれないけど、戦略としての新しさは特に感じません。

TATAのコネクテッド・カーが、一体どれくらい「コネクテッド」機能を持っていて2万ドルなのかは気になります。
新興国における自動車のリープフロッグについて触れられている記事です。
これを読みながら思い出したのが昨日ピックしたコマツの野路会長のインタビュー。
https://newspicks.com/news/2552922?ref=user_130194
ここではいいものを作っていれば大丈夫という時代は過去のもので、これからはいいものといい仕組みの両方がないとダメだと喝破されています。島国にいるとなかなかピンとこないことが多いのでやはり海外で目で確かめていかないとダメだと改めて思いました。
すいません、内容がうまく理解できませんでした。
冒頭と結びが繋がらないような。

ラセモも内容が不明なので2万ドルが安いのかどうか。
コネクテッドカーの定義も曖昧な気がしますんで。ケーパビリティが繋がるだけと言うのなら、さほどじゃないですもんね。
いやに煩雑な記事か...。
タイトルにある新興国メーカーというのは中国の独自ブランド車とインドブランドだけ。
あとは「日本メーカーの新興国戦略」という表現のほうが適切だろう。
自動車は四つの革命に直面している

・自動運転
・電気自動車
・コネクティッドカー
・カーシェアリング

車は移動の手段だが「車と言うモノの提供」から「移動と言うサービスの提供」へと移行しつつあり「モノづくり」しか能の無い日本企業は脱落する
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカー。トヨタグループの中核企業であり、源流は豊田自動織機である。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」。トヨタグループ内では「TMC」の略称で表記される。 ウィキペディア
時価総額
22.8 兆円

業績