新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

85Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「社会学者が語る、現在の性愛論」4回目。「リア充」という言葉が含まれる語義矛盾について鋭く指摘します。なるほど、とうなずかされます。
かつて事実婚関係にあった速水由紀子さんがナンパ師時代の宮台先生を評して「あわれなナンパマシーン」とインタビューでおっしゃっていていたのが心に残っています。
そういう宮台先生自身の「スペックばかりやたらと高いけど生きづらい自分自身との葛藤」という過去を踏まえてこの対談を拝読するといろいろ含蓄があります。