新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

473Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ジェンスン・ファンが実現してきたNVIDIAの成長戦略を一言で表すなら「顧客の創造」、これに尽きると思います。そう、ドラッカーの教科書通りです。
また日本の大手企業経営者が最も不得意な事でもあります。

PC向け3D向けグラフィックチップで泣かず飛ばすだったところ、ゲームに集中特化してその市場をほぼ独占しました。

その次はクラウドです。
AWS、マイクロソフトAsureはじめIBM、アリババなど軒並みクラウド大手のデータセンターはNVIDIAを採用しています。

そして今、自動運転。ほぼ全ての自動車メーカーおよびティアワン部品メーカーが採用している事は周知の通り。

AI、と漠然と言っていただけでは現在のNVIDIAは無かったでしょう。あくまでAI時代の実際の用途、ビジネスはどこにあるのか、それを嗅ぎ取ってここと決めたら一気呵成にビジネスリソースを注ぎ込む。これがジェンスンの経営真骨頂だと思います。
"謎の会社"と評されたエヌビディアの加速が爽快なほどです。
ほんの数年前まではパソコンゲームのオタク垂涎の"グラボ"メーカーだったのに、自動運転の寵児へとこんなに短期間で爆進、どこまで最先端を突き抜けられるか今後ますます期待がかかります。
いつも迷うことに,社名は”nVIDIA”か"NVIDIA"か.記事中のデモ自動車の写真を見ると”nVIDIA”が正解らしい.
私の経験で言えば,90年代から2000年代前半は,nVIDIAはPC用グラフィックボードの会社だった.10年ぐらい前からGPUがCFD(数値流体力学)などの複雑な科学計算を高速で行えることが分かって研究者の間で利用が進み,さらに最近は機械学習と相性が良くて大躍進.
どうしても,私は,昔,やはりGPUを出していたSGI,AMDと比べてしまう.私には,nVIDIAはPC用のグラフィックボードの製造・販売する会社という印象が強く,SGI,AMDと違って,採用されていたGPUのアーキテクチャがたまたま良くて,たまたま時流に乗っただけの会社というイメージがあるのです.つまりラッキーだったと.
うへぇ、こんなに伸びてたのか。
第3次AI革命の目玉であるディープラーニングに、相性の良いGPUを提供している事で、株価が急騰しているNVIDIA。なんとエンジニアの過半はソフトウェア分野という事に驚いた。だから、自動運転など新しいアプリケーションをどんどん開発できるんだな。
細かいが、フアンとアを小さくしていない点が言語的に良い。
日の丸半導体産業に足りなかった経営力が何かを教えてくれる記事です。
大胆な経営判断をどのようなプロセスで行っているのかが気になるところ。トップの独断なのか、忠実なシナリオプランニングをもとに行われる意思決定なのか・・・

>エヌビディアは今、ほぼ全ての投資をGPUの開発に振り向けている。「1万1000人の社員規模を誇る会社が、一つの分野に、累計300億ドル(3兆円)をつぎ込むのはあり得ないことだろう」
エヌビディア、恐るべしですね。

ただ、ディープラーニングの技術で世の中は大きく変わるとは思いますが、その次はニューロサイエンスでしょう。
どこまで行ってもAIは所詮AIです。できる事には限りがあります。

人に共感する能力を持たない以上、人の代わりには成り得ません。
共感を科学することが、AIを超えるインパクトをもたらすと思います。
光速経営とここだと思った際のリスクを取ったチャレンジ。ベンチャーも、大手も、関係なく見習って学ぶべきことが多い記事でした。
===========================
「イノベーションを望み、リスクを取れ」という企業バリューの下、光速経営を実現してきただけに、失敗も繰り返してきたということだ。だが、「失敗」に対する、フアンの考えを端的に表す言葉がある。「Don't fail alone」一人で失敗するな、という言葉の裏側には、それを乗り越え、企業としての成功に導くフアンの経営哲学が透けて見える。
行動は光の速さ、AI に経営資源集中、フラットな組織、失敗を恐れない企業文化、改めてNVIDIAの凄さを感じます。

「NVIDIAは、現代のダ・ビンチやアインシュタインにとって、タイムマシンに相当するものを提供しているのです」
痺れる言葉ですね。
この連載について
半導体が「新時代」に突入しようとしている。日本では、東芝の半導体メモリの売却ばかりが取りざたされるが、世界では今、コンピューティングの世界を揺るがす半導体の地殻変動が起きている。AI、IoTを時代を迎える中で、半導体の世界はどこへいくのか。その最前線をリポートする。
NVIDIA Corporation(エヌビディアコーポレーション)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララにある半導体メーカー。コンピュータのグラフィックス処理や演算処理の高速化を主な目的とするGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)を開発し販売する。 ウィキペディア
時価総額
13.3 兆円

業績