新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

779Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
TPU + グーグル翻訳
これが発表されたときも、今回と同じように皆「翻訳こんにゃくがついに」と言っていました。現実的にはご存知の通り精度はだいぶ上がったものの、まだまだです。

ましてボイス認識はその次元を超えた難易度の高さ。滑舌もそうですし、そもそも文法的に正しい言語を話す人間のほうが実は(特に日本語では)少ない。それを人間の脳みそはコンテクスト(文脈)を経験上で読んで意味認識する処理をほぼリアルタイムにやるという実はとんでもない高度な事を日常会話においてやっているわけです。加えてユーモアもニュアンスも感情も「行間に」含んで会話するのが人間。
これを機械学習がやれるかどうかは、実はまだ学術的には目処がたっていないとされています。

ただ未来学者が言うのは「技術はエクスポネンシャル(指数関数的)に進化する」という帰納法的な論拠のみ。
ちなみにその論者の先鋒であるレイカーツワイルはグーグルの社員です。

と言う事で過度な楽観も、同時に悲観もしないほうが良いかもしれません。
なるほどだからこんなデバイス出せるようになったのね
機械翻訳は破壊的AIプロダクトの一つと考えます。
それは「デジタル移民」がやってくるからです。

日本は言語の壁で守られてきた面が大きいですが、機械翻訳が向上すると、日本語で仕事ができる外国人が急増します。

現在、働き方改革でテレワークの普及を推し進めています。実はテレワーク可能な仕事こそデジタル移民の最初のターゲットです。海外にいながら日本語で仕事ができますから。

日本人顧客向けの会話を含む業務は当面機械翻訳では厳しいでしょう。しかし、特にバックオフィス業務は日本人社員との会話は機械翻訳を介してできるようになります。

というより、機械翻訳できない意味不明・言語不明瞭な発言する社員が浮き彫りになる気がします。意図明確で正確な発話スキルが、これからの時代に求められます。(まだ数年は大丈夫と思いますが)
翻訳の精度向上は少し前に話題になったけど、最近驚いたのは画像検索の精度向上。グーグルフォトで思いつく色々なキーワードで検索してもほぼ完璧に抽出してくれる。直にフォルダ分けも完全自動化されそう。情報処理に関する要素技術についてソフト側はもちろん、半導体や量子コンピュータといったハード側も世界最先端を行っているし、グーグルのAIは数十年後に人間のあらゆる疑問に回答を与える神託のような存在になりそう
マルチリンガルとしては、機械翻訳はまだプロフェッショナルレベルの作業には使えない。知らない言語へのある程度の翻訳ガイドとしては使えるが、距離の近い韓日や英西でさえまだまだおかしい。言語というのは母語も外国語学習得も含めて人間のもっとも人間らしい行為の1つ。人間の行動や思考はその多くが言語によって規定されるが、人間の行動や思考もまた言語に影響を与える。1つの言語でさえ変化し続けている。つまり言語は人間の思考そのものなので、機械翻訳の精度を上げるというのは人間の思考そのものを解明する作業である。絶対に不可能だとは言わないが、完璧な機械翻訳が完成した時というのは、人類そのものが機械に完全に把握された状態ではないだろうか。パンドラの箱を開けているようで、恐怖を覚える。
Google pixel budsの翻訳機能が進化すると、旅行程度であればまったく英語や現地の言葉なくってもコミュニケーション取れそう。でも、ビジネスをうまくいかせるという観点ではまたまだ英語が必要。本当に簡易な英語じゃなくってビジネスで使える英語じゃないと意味ない時代になってくる。
翻訳を生業としている方々の率直な意見を聞きたいですね。
半導体の設計サイドの進化余地がまだまだあるということ。

TPUのTは「テンソル」のこと。行列をn次元拡張したようなイメージ(この説明を見る限り、テンソルの正射影が行列、的なイメージだと思う)
http://s0sem0y.hatenablog.com/entry/2016/12/01/223834

用途単位での進化は古くはサウンドチップやGPUがあった。用途に応じた最適設計も聞いているとは思うが、どうしてこれだけのパフォーマンス差がCPU/GPUと比較して出るのかが気になったのだが、見つけられた言及は下記くらい。
『同社によればTPUの消費電力当たりの性能がGPUなどに比べて高いのは、浮動小数点演算の精度を抑えることで、計算に必要となるトランジスターを減らしているからだとしている。』
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/ncd/14/457163/052001464/
GoogleがAmazonの後追い感があるサービスを出しているけど、自信満々なのはTPUを用いた機械学習があるから。

下記の動きは、Google、Amazon、Appleに共通している。

・半導体開発を自前主義へ
・ハードウェアからソフトウェアを一気通貫
・独自の半導体チップ技術で差別化を図る

ハードウェア×アプリケーション×半導体の組み合わせで、独自エコシステムを形成する動きになっている。

元祖半導体メーカーであるインテル、NVIDIAの動き気になるところです。

インテルは脳型コンピュータチップを開発。
参考:インテル、脳を模した自己学習型AIチップを開発 コードネームはLoihi
http://www.zaikei.co.jp/article/20171002/403117.html

本日のニュースで、NVIDIAがレベル5自動運転に適用したコンピュータボードを発表とのニュースがありました。
参考:NVIDIA、現行品の約13倍の性能を持つ「DRIVE PX PEGASUS」をドイツで発表。レベル5自動運転が実現可能に
https://newspicks.com/news/2548417
ドラえも〜ん、もうすぐ「翻訳こんにゃく」が完成するよー
この連載について
半導体が「新時代」に突入しようとしている。日本では、東芝の半導体メモリの売却ばかりが取りざたされるが、世界では今、コンピューティングの世界を揺るがす半導体の地殻変動が起きている。AI、IoTを時代を迎える中で、半導体の世界はどこへいくのか。その最前線をリポートする。
Google Inc.(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア