新着Pick
157Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
小泉さんとお付き合いして驚いたのは、特定のブレーンがいないことです。
演説もそうですが、講演、パネルトーク、政務官としての業務、党の部会の仕事、1つ1つすべて自分で判断して言葉を発しています。この特集で紹介されている演説も全て、確実にご本人が考えています。
また、特定のブレーンがいないからこそ、周囲が支えたくなるんですよね。
自民党職員のロジの力の話が興味深いです。マネジメントや組織力が弱い政党が多い中で、そこが自民党の大きな強みになっています。自民党に対抗する政党を作るには、起業経験のある経営者でないと無理な気がします。
「一本のレールではなくて、いくつものレールがしっかりと用意されているような社会をつくっていきたいと思っています。そういう国づくりをしっかりやっていく」
これ、賛同しかないんだけど…。安倍さんはでもどっちかというと伝統的・統一的方向に向かっている気がする。小泉党でいいんじゃないか?
小泉進次郎応援してます!
北海道は先の大戦末期にシベリアへ連れ去られ抑留の間ソ連に洗脳された日本兵が戻ってきたせいで、いわゆる「ガラパゴス似非リベラル」が強い

それにしても NewsPicks は

「進次郎を終えば、今の自民党がわかる」

早く直さないと評判が落ちる
この連載について
将来の首相候補の最右翼と評される小泉進次郎。10月10日に公示を迎える第48回衆議院議員総選挙でも、進次郎は激戦区を中心に全国を遊説する。進次郎を終えば、今の自民党がわかるーー。小泉進次郎の全国遊説に密着し、「今の自民党」の実態をあぶり出す。