新着Pick
131Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
>人工的な人格として法人を創出したように、電人という考え方があってもいい

中山氏が、「AIに権利能力を付与してはどうか?」という私と同意見であることが、とても心強く感じました。

整理すると、
任意保険に加入していれば、人身、物損共に保険会社が損害賠償をして、システム等に不具合があればメーカー等に求償する。
任意保険に加入せず、自賠責で賄われない物損や大きな人身の損害が発生した場合、被害者がメーカー等に製造物責任を追求する。
ということになるのでしょう。

しかし、製造物責任訴訟は面倒で迂遠です。
たまたま加害者が任意保険に入っていないだけで被害者の負担が重くなります。

いっそ、物損も自賠責に入れて人身の限度額も上げる方がいいのかも。

ただ、そうなると民間の任意保険に入る人がいなくなるというジレンマが保険業界にはあるのでしょう。
すでに自動運転を見据えた自動車保険は存在していました。先行するドイツでは今年6月に改正された法律で、高度・完全自動化機能の使用により損害が生じた場合の補償限度額は従来の2倍になっているとか。ぶつからない安全な自動運転になったら保険料は下がるのかと思いきや、そんなに単純ではない、ということでしょう。
確かにレベル3(一定条件のもとですべての操作を自動化。緊急時には運転者が操作)とレベル4(一定条件のもとですべての操作を自動化)に境目があり、前者が人の責任が高くなり、後者がメーカー側の責任が高くなるのでしょうね。事故の際に操作していたはず・触っていないのに勝手に動いたなどの話も相当出てくると思うので、すべてのドライブレコーダーが中立の立場に対してデータとして提供される仕組みが重要だと感じます。
産科医療保障制度の「事故の原因や責任の所在がはっきりしていなくても、まずは被害者を救済」という考えはとても良いですね。何を補償するべきなのかという問いに対しては、これに尽きると感じます。世の中を変えるような新しいテクノロジーに対して制度を見直すこともセットだと思うので、こういった議論がオープンになされていくのは素晴らしいです。
設問を見ると自賠法の理解が足りないということがわかります。
自賠法は、運行供用者責任(運転者ではなく運行により利益を得る人の責任。従って自動運転で利益を得る人の責任)を定めており、判例で進化しました(自動運転であろうがなかろうが判例で進化するのです)。現在でも運転手が不在で自動車がひとりでに動くこともありますが、その場合にでも、人身事故が発生すれば、事実上無過失責任が負わされています。

極論すれば、自動運転時代でも、自賠法の改正は不要なのかもしれません。それくらい、判例で発達した自賠法体系は優れているのでしょう。勿論その裏付けは、強制保険です。従って私は強制保険の責任限度額を青天井にすべきと思っていますが、金融保険資本は昔から、任意保険が売れなくなるのか、大反対をしています。
レベル4以降の保険について難しいのが、それは個別の事故に対してではなくリコールに対しての保険が大部分を占めるということ。というのはシステム的なエラーであれば、事故が起きていない車でもそれを改修する実際の費用(その間のユーザーへの代替車提供など含め)が発生するため。
当たり前だが、リコールはタカタを思い出しても金額規模が極めてデカイ。ただ発生確率は低い。ただその原資を誰から調達するか、またリスクが顕在化しなければ保険会社は丸儲けとなるので、再保険市場がより発達していく形態になるのでは。
論理必然です。自動運転なのですからヒトの過失ではなく、システムの過失を保証する世界へとなります。
ただし実際は、その自動運転車両の安全性を確認し購入したヒトの責任や、整備の責任などもあり、原則論として上記であっても、完全にそうなるのは少なくとも当面はないでしょう。
寺前さんのコメントにありますが、日本における自賠責保険の成り立ちと製造物責任(PL)法における扱い、国内外における議論についてのフォローが無さすぎる気がします。

細かい議論は過去にこちらでコメントしました。
https://newspicks.com/news/2438916/

ドイツや英国では、システムに法的な人格権を与えようとする議論をしているようですが、もしそうなったとしても実質的な意味はないと思います。なぜなら、システムそのものは社会的責任を負うことが出来ない(刑罰が社会的意味を成さない)からで、責任を有する主体には必ず人間がヒモ付き、その人間が責任を取ることになります。結局、「電人」だの「人工知能人格」だのを規定しても、その保有者としての人間が必要となる整理になると予測しています。犬は自己認識していても、犬が起こした事故は飼い主の責任になるなと同じです。

既に自賠責保険では、運転者ではなく運行供用者の責任と規定されているので、運転者がいなくてシステムが事故を起こしても車両の所有者が責任をとる保険となるでしょう。

明らかなエラーがあれば製造物責任となり、それは今ある自動運転自動車保険の適用対象ですが、焦点となるのはそうした事例よりも、システムの不備なのかどうかの判断が難しいケースでしょう。その場合、よほど大きなケースでないかぎり、所有者が個々に判定を精査することは不可能ですし、製造者がその負担をするのも無理なので、結果的には所有者側が取るリスクが増大する方向だと思います。

ただし、平均的なドライバーよりも事故率が優位に少なければ、導入の社会的意義が結果的に正当化されるのでしょう。
レベル3までの自動運転装備は自動運転と言うよりも、自動運転支援です。運転者がオーバーライドする限り、基本的な運行責任はドライバーにあると考えられます。まだまだ議論を尽くさなければなりませんね。
こういう保険の話だけ見ても、よくわかりますねぇ スマホやPCとは社会的な位置づけが違う製品であるコトが
保険は事故率と保障額がわからないと保険料金算出できないから最初は高めなんでしょうね。

法人は間接的に株主が保険料払ってるわけで、電人も利害関係者としての所有者とメーカーがレベル毎に負担割合決めれば良いような気がします。

ちなみに自動車保険業界が大きく変わる上、ここで一番データを持つ会社が保険業界をガバッと制するので既存の自動車保険会社も自動運転関連企業には投資して一層されちゃうでしょうね。

医療保険もデータを持つ企業が勢力図を変えそうなのと同じ勢い。