新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

256Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
腕立て200回は凄いです。エネルギーがないとできません。やはり何かを成し遂げる人は、エネルギーが溢れています。
【第1話】RIZAPグループ社長の瀬戸健さんは、保育園児の頃から腹筋と腕立て伏せをしていました。きっかけは「およげ!たいやきくん」。
楽しみな連載です。

けど、「車の中でかくれてキスをしよう」は、筋トレには全く合わないと思いますw

https://www.youtube.com/watch?v=2Nmq_MpeJWI
ライザップの仕組みを作ったのは、小さい頃から自分で考えて工夫するという習慣があったからなんですね。
朝から元気が出るお話。素敵な家族ですね。そしてお父さん、凄いです。
マルキョウが出てくるところがとてもローカルなお話で、また楽しい。
『車の中でかくれてキスをしよう』という曲をかけながら腕立て伏せをするようになります。
これはちょっと面白い。
売上・粗利・営業利益・純利益。業態・企業によってどこに付加価値が存在するかは違うが、基本的に粗利が重要というのは本当にそう思う。
色々な考え方はあると思うが、自社で何かの製造工程がある限りにおいては、製造こそが付加価値で粗利額・粗利率で一定稼いでいるかは企業・事業を見るときの基礎。業態によるのはあるのだが、製造業で30~40%あると、しっかりと販売コストをかけても営業利益率で2桁%にのることが多い。しっかり販売コストをかけること=サービス手厚めということもあるので、それも対競合で障壁とできることもある(どこで販売コストと利益のバランスをとるか、というのもあるが)。
『こんなときよく父が独り言のように言っていたのが、「大事なのは売り上げじゃなくて粗利だ。いくらで仕入れて、いくらで売るかだよ」。』
食品扱っている人にとって便利な添加物なのに、それを大嫌いなお父さん。
そんなお父さんがどのようなライフスタイルをしていたのか。
瀬戸家の家庭環境がライザップの原点なのかなと思いました。

社内外でのヒアリング結果より、幼少期の家庭環境が現在のライフスタイルに色濃く影響していることがわかってきました。
当たり前かもしれないですが。
売上ではなく粗利。
フリーで仕事をしてると自分が少し我慢をしたり、自分でやれば利益が上がることが多い。基本中の基本だと思います。
【雑記】ここで先日オリジナル記事で紹介された株式会社ぜんの尾崎成彦社長の言葉を紹介しておこう。曰く、「筋トレは百害あって一利なし」。

筋トレは百害あって一利なし
https://newspicks.com/news/2492764/
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。