新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

328Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
読めば読むほど特別なことはしてない。むしろますますわからなくなって来ました。戦略的に大きく変えたわけでもない。奇抜な新商品があるわけでもない。
不採算店舗の削減など、原価の削減をやって、製品ラインナップを入れ替え、ECを充実させる、など。全く特別なことがない。
大変失礼ながら「こんなことでいいのか」やはり前回お話しされていた通り、メソッドは社員1人1人はやるべきことはわかっていて、それを愚直にやって行く、という事なんですね。
「社員の意識が変わらないと会社も変わらない。社員は会社の業績が悪いのは、社長の責任だと考えている。社員らが自分の会社だという気持ちを持てなければ会社は変わらない」とのこと。全く賛成です。
リストラをして強みに集中して、当たり前のことを当たり前にやる、という再生の王道。各社の再生ストーリーは大変面白いが、ライザップとしてやっているのは買収し、社長を送り込むか抜擢して任せる、ということで、特に「自己投資分野」かどうかは関係ないし、優秀な再生ファンド事業という印象。
知りたいとすれば、数ある案件のなかで絞りこんだ軸や鑑定眼。要はある程度の勝算があって買っているのかということだが、記事を読む限りそんな気もあまりしない、、
ファンドではなく彼らができる、という構造的な強みは何なんでしょうね
昨日コメントしていた日本電産・永守氏の「すぐやる、必ずやる、できるまでやる」が出てきた!再生手法としてつながるところはあると思ったし、今日の記事をみても、この言葉を掲げている岩本氏に限らず、多くのやりかたはそれに通じる再生するときは1丁目1番地的な施策が多いと感じた。もちろん、策を作るのと実行するのは全く違い、そこができるのが強みなのだろう。
そして結果は組織を癒す、結果を出すことで雰囲気も変わると思う。
特集3回目は、ライザップはどのようにして、買収した企業を再生しているのか? そのメソッドに迫りました。

瀬戸社長が特集2回目(https://newspicks.com/news/2523613/body/?ref=picked-news_9384)で再生の秘訣は「当たり前のことを、当たり前のようにすることです」と語っていた通り、再建のアプローチは王道をゆくものですが、驚かされるのは、旧経営母体の生え抜き社員(30代)を再建社長を抜擢する…債権者長に経営を任せきること。

また、一度1つの会社の再建を任せて成功したら、より大きな”石高”を提供すると瀬戸社長が言っていた例は、マルコの岩本社長の実例からもうかがえます。詳しくは是非、本文をお読みください。
記事の通り、人をやる気にさせるには成果を見せる事って本当に大事ですよね。成功体験の積み重ねでしか中々変わるキッカケが少なかったりしますし。それにしても、任せると決めた後の徹底具合は改めて凄い胆力ですね。
経営者派遣事業と位置付けても良さそうですね。
実行・継続力に尽きることをこれでもかというほど感じさせてくれる事例ですね。

日本企業の生産性向上とか残業の短縮なども、基本的には当たり前のことを当たり前にやるだけで大きく改善すると思っています。
当たり前の事をやり続ける事が最も難しい
この連載について
売上は昨年の1.7倍の950億円超。時価総額は昨年の3倍の3000億円超ーー。 今、ライザップの勢いが止まらない。 強烈なインパクトのCMのイメージが強いが、アパレルの「ジーンズメイト」からフリーペーパーの「ぱど」など幅広い分野のM&Aを進め、関連会社数は60社以上におよぶ。 「アジアのLVMH」を目指す、「ライザップ帝国」の野望とは?
RIZAPグループ株式会社(ライザップグループ、英称: RIZAP GROUP, Inc.)とは健康食品やダイエット食品の製造・販売などを行っている傘下子会社を総括する持株会社。札幌証券取引所の新興企業向け市場アンビシャスに上場している。組織形態は監査等委員会設置会社。 ウィキペディア
時価総額
5,475 億円

業績