新着Pick
1281Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
こちらに書いていないが驚くべき事実は、その時価総額3千億円がついている上場市場は札幌、しかも新興企業向けアンビシャス市場です。更にはライザップ一社で札証全体の売買高の実に90%を占めています。

買収型コングロマリット経営は日本ではなかなかうまく行った事例は少なく、特にライザップよのうな新興上場企業によるそれは失敗事例が多いです。共通するのは景気(株価全体)の上げ下げがトリガーとなる点。景況が良い今はコングロマリットプレミアムが付き、悪くなるとコングロマリットディスカウントが働く。特にハイレバレッジな買収ほど反転時の落ち込みは大きい。
それまでに買収各社の業績をしっかり叩き出せるか、それに尽きます。
これは超楽しみな連載。ライザップのことを知っているようで全然知らない、ということに気づいた。

「アパレルでも、雑貨でも住宅リフォームも同じ。自己肯定感を高めてくれる商品やサービスを求める人はたくさんいて、そのマーケットはとてつもなくデカい」

というのは本当にその通り。

今ほど、「ロジカル」なマーケティングがことごとく通用しない時代はない。なぜならみんな、「エモーショナル」な消費行動を取るから。ロジカルに商品を比較分析するのではなく、「あの人から薦められたから」などと、極めてエモーショナルに意思決定をしている。一応、後付けでそれっぽいロジカルな理由をつける訳だけど、それはあくまで後付けであって、本質ではない。

そしてそのエモーショナルな意思決定を支える最たるものが「自己肯定感」や「帰属意識」だと思う。

ここに目をつけて自己肯定感を徹底的に科学してあらゆるビジネスモデル・マーケティング戦略・パッケージデザインのすべてにビルトインして、自社サービスのみならず買収サービスすらも立て直してしまうライザップはまさに「帝国」。連載、楽しみにしています。
というわけでなぜか私が総括をすることになってます。乞うご期待
本日より7日間連続全9話で、あの見た人に強烈な印象の残すテレビCMでお馴染みのライザップを特集します。

あのCMの印象の強さからライザップと言えば、フィットネスジムだと思われる方が多いでしょう。しかし、アパレル、雑貨、エンターテインメントなどの割合が増えています(詳しくは本文を御覧くださいませ)。

というのも、ライザップは積極的なM&Aを展開する会社だから。関連会社の数は今や51社に及びます。アジアのLVMHを目指すとも豪語する瀬戸社長が思い描く”ライザップ帝国”の姿とは? 特集を通じて、迫っていきたいと思います。どうぞ、よろしくお願い致します。
ある成長ベンチャーさんでM&Aによる新規事業展開を議論していた時に、既存事業と地続きで展開するパターンと、飛び地も含めたコングロマリット経営をする場合で大きく分けると、アパレルへの展開などを見るにライザップさんは後者かな、という話をしていましたが、他の例を考えると、(かつての)ライブドアとか、インデックス、USENとかが思い出されました。蛯原さんも指摘するように一般的には、株高を背景にした急拡大は、金融環境の変化で一気に逆回転するリスクが大きいのですが、ライザップさんはそうならない仕組みがあるのか、楽しみな連載です
ライザップの一番の凄さは、なんとか版ライザップというような意味合いで社名が単語として使われるほど、あの強烈なCMによってブランディングを確立したことだと思います。
しかも、ここまで多角展開して、51もの子会社も有しているのは知らなかったので、これまでどんな経営手腕を振るわれてきたのか、是非学びたいです。
ライザップ、「結果にコミットする」というのがいい。自信がないと言えないことです。「アジアのLVMH(ルイ・ヴィトン・モエヘネシーグループ)になる」とのこと、今後に期待したいと思います。
ある一定以上の年齢の方たちからは胡散臭くみられているでしょう。ホリエモンの匂いも感じているでしょうし、楠木先生からどう見えているのかも気になります。連載に期待します
バラバラに見える括りを、「自己投資産業」とまとめられたのは凄くしっくり来ました。今後の展望含めて、楽しみな連載です。
ライザップに凄みを感じるのは、”人間の欲望”、”人間の業”というものにガブリよつで相対しているところ。

現在予防医学業界では、「薄い欲望」を「薄く課金」するビジネスモデルを提案する会社が多いですが、「濃い欲望」に「濃く課金」するライザップほどうまくいっているところはまだありません。

欲望2.0企業(?)のトップランナーとして目が離せません。
この連載について
売上は昨年の1.7倍の950億円超。時価総額は昨年の3倍の3000億円超ーー。 今、ライザップの勢いが止まらない。 強烈なインパクトのCMのイメージが強いが、アパレルの「ジーンズメイト」からフリーペーパーの「ぱど」など幅広い分野のM&Aを進め、関連会社数は60社以上におよぶ。 「アジアのLVMH」を目指す、「ライザップ帝国」の野望とは?
RIZAPグループ株式会社(ライザップグループ、英称: RIZAP GROUP, Inc.)とは健康食品やダイエット食品の製造・販売などを行っている傘下子会社を総括する持株会社。札幌証券取引所の新興企業向け市場アンビシャスに上場している。組織形態は監査等委員会設置会社。 ウィキペディア
時価総額
3,423 億円

業績