新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

430Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
市場におけるエンフォースメントの重要性について語られていますが、オンラインサービスにおいてはUberにおけるドライバーと乗客の相互評価がこうした仕組みとして機能しているのだと思います。これを突き詰めるとアリババグループのSesamiCreditのようにサービス間をまたいで顧客の評価を共有する仕組みに行き着くのだと思いますが、これの恐ろしいところは敗者復活が利きにくくなる点です。リアルの市場であれば、物理的に場を移すことによって一旦全ての情報をリセットできますが、ネット上の評価でなおかつサービスをまたいでとなると、一度ついた失点がずっと当人について回ります。
もちろん、こうした仕組みは悪事に対する強力な抑止力として機能するのでしょうが、何かのはずみで間違いをおかした人の評価が終生ついて回るというのは、なかなかに恐ろしい世界だとも思います。評価格差の固定化といった社会問題がそう遠くない未来に語られるようになると思っています。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52910
連載2回目です。昨日に引き続き、歴史を経済学で読み解く面白さを味わって頂ければと思います。
なるほど、軍事力だけではなく経済力という観点で、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3人が特に優秀だったというのはよく理解できました。
商人誘致に力を入れる中での、もめ事の取り締まりや違反者の処罰、商人の権利を保障したりと、やっていることは本当にプラットフォーム業ですね。
確かに戦闘シーンばかりがクローズアップされるので戦術などに意識がいっていましたが、まさに経営に優れていたということですね。
面白いなあ
今日も面白い。安心して取引をするためにはエンフォースメントが必要(政治面の基礎→経済発展)。そのためには法的なものだけでなく、参加者による相互監視というのも市場そのものを活用している。今のソーシャルクレジットもその類型だろう。
あとは門前町含めた寺社のビジネスへの関係。権威面含めて、寺社や銀行、取引所の建物が荘厳なのには理由がある。
「楽市楽座」という言葉は聞いたことあれど、それを「プラットフォーム」という言葉と結びつけて理解している人はそんなに多くないのでは…言われればハッとする、目からウロコの特集です。オモシロイ!!出品手数料有料の「座」(寺社仏閣、既存勢力)と手数料無料の「楽市楽座」(戦国大名、新興勢力)の戦い、大河ドラマの見方が変わります(笑)

信用の土台となる「エンフォースメント」も、司法/警察だけだなく、商人による相互監視のようなソーシャルクレジットも同様に重要なのもわかりやすかったです。これは明日以降も楽しみな連載!!
古今東西、経済政策に優れた宰相が政治を征する、という事が良くわかる記事です。
安倍政権が長期な理由の一つでもありますし、ローマも中国史もナポレオンもその傾向は顕著です。
お互いを監視し合うこと。実はこれが一番安全で安定するのではないかと思っています。当然弊害も多いかとは思いますし、監視し合いたくないですが。
"ルール違反が起きたら、破った人間は永久追放される──。そういう仕組みを用意することで、商いの秩序が作られていたのです。"
この仕組みは今でも生きています。商売をする範囲は意外に狭いので、契約書になってないような信用でも余程のことがないと破りません。破ったら永久追放まではいかなくとも商売がやりにくくなりますよね。
権力、支配力、強制力があって市(経済)は成り立つ。
ローマ帝国も、政治と経済がうまく連動していたから、長期間の繁栄を実現した。

マーケティングと政治力の関係は、もう少し深く読み説いていきたい。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。