新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

79Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
サロンデュショコラParisでもそうなんですが、今回は獺祭と京都宇治の抹茶トリュフ1アイテムで和楽紅屋は臨んだのですが5日間のイベントなんですが3日で完売でした。本当に反響が凄かったです。また和菓子のテクニックである練り切りの技術一本でサロンデュショコラに挑戦した三堀さんの異常な反響に日本🇯🇵にかなりリスペクトされた方々が来てるのがわかりました。スイーツを日本の文化にする、それは一歩一歩ですが手ごたえを感じています。日本の伝統工芸も大切なものそれと同じくらい注目される様に頑張ります!
米国に滞在していると、非常に甘いケーキやアイスに出合うことが多いです。ただ、その米国では「程よい甘さ」への人気も高まりつつあるようで、例えばシアトルにあるMolly Moon'sアイスクリームは非常に人気。健康志向も相まって、甘さへの関心も今後より高まるのでは。

個人的には、もっと多くの外国の方に和菓子を親しんで頂けたらと思っています。和菓子も季節毎に変化のあるものですし、今流行のインスタ映えするものもあると思います故。ただ、和菓子の中でも「あんこの色」が気になる方がいると聞いたことがあります。食べた事ないような色なので、手を出しにくいとのこと。

http://www.mollymoon.com
とても同意!本当に日本のスイーツは、デパ地下とかのケーキからコンビニで売っているものまで、本当においしい。お酒があまり得意ではない自分は、甘いものに吸い寄せられるのだが、危険な国に生まれたと思う(笑)。
色々な食文化を取り入れることに抵抗がないこと、料理全般にベースの味が繊細で、また形容詞が豊富で、繊細な違いへの意識が働きやすく表現もできること、そういったところが日本の豊かな食文化の背骨かと、自分は思っている。
全くもって同意です。日本人の職人気質がスイーツには活かされています。もはや芸術の域。特に日本のスイーツは見かけだけではなく味も繊細。すでにクオリティー的には世界のセレブに受け入れられるレベル。問題はブランディング。
「僕がなぜこれほど熱っぽく、スイーツ文化の世界への発信を訴えるかというと、「スイーツには世界を平和にする力がある」と信じているからです。」(記事引用)

スイーツに限らないことだが、「食」は人間的行為の根源であり、とくに「共食」(誰かとともに食事をする)ことは、平和、調和、繁栄の確かな基盤となる。さらにいえば、「共食」には「神と人が食を共にする」という神話的次元の象徴性もある。食をという行為は、私たちが「聖なるもの」と一体化する意味合いもあるのだ。他の生き物の命をいただくという行為の神聖さから、私たちは、無意識的に手を合わせていただきますといい、最後に再び手を合わせてごちそうさまでしたと言う。
>「スイーツ」という言葉は英語でもフランス語でもなく、日本で独自に
>生まれた言葉です。和洋のジャンルを超えて「甘くて幸せを呼ぶもの」と
>いう広い意味を内包した、すてきな言葉です。
←スイーツが日本独自の言葉で、「幸せを呼ぶもの」という素敵な意味があることを知りませんでした。和洋のジャンルを超え、日本文化として発信できる言葉なんですね。

日本のスイーツは、味も見た目も本当に素晴らしく、有名なお店やデパ地下じゃなくても、コンビニのスイーツでも、四季折々でかなりのクオリティだと思います。

スイーツが日本文化・日本食として世界に発信されていくこと、ワクワクします。
できる限り、使われる材料も日本国産品に拘って頂き、スイーツだけではなく、日本の食材の美味しさ、農作物栽培に対する拘りも含めて、一緒に世界に発信して頂けないかと思っています。
日本のスイーツ文化って世界でも独自の発展を遂げていますよね。
日本スイーツを世界に発信するスペシャリストを育てる「スイーツブロガー育成講座※インスタ講座含む」があったらニーズがありそう。
同感同感。先日、アメリカでもトップの人気ブティックアイスクリームチェーン「Salt & Straw」のポートランド本店に行ったら、夜22時なのに長蛇の列で1時間近く並びました。米国人にとっては「締めの一杯」みたいな感覚で、アイスクリーム2スクープ、なんでしょうか。

ただ、並んでいる人たちがみんな笑顔で楽しそうなんですね。今から食べる最高においしいアイスクリームの事考えながら、友達や家族とおしゃべりする。幸せな光景でした。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。