新着Pick
348Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本は中国に出遅れている部分が多くなって来ている。日本人気質というのもあるとは思いますが、このままでは差が広がっていくばかり。何か手を打たなければならない。
中国だけじゃなく、韓国も台湾もタイも、アジア各国どこでも日本より新しい事に積極的でどんどん色んなものが生まれてる。
中国人の新しいものへの適応力が高い、のではなくて、日本人が低い。
でも空気汚れてますからね中国。住むなら断然日本、比べるなら総合力で。
中国が新技術の適用力が高いのは現状が不便だからという点が強いので、おいそれとうらやましがるわけにもいかない。いっそ日本はガラパゴスな守旧のメリットを活かすことを考えるほうが生産的なのかな・・・。
若手が希薄になって、社会全体にスピード感が失われたような肌感覚に陥るのが、まさに少子高齢化だと思います。若手に注目したり、流行への感度を高くしたりして「行動し続けるスーパーシニア」を生み出すのが良いかなぁと考えています。ピラミッドも崩してフラットにするとさらに良いかなと。

==
「モバイル決済やシェア自転車から感じたことは、中国人の新しい物への適応能力が高いということだ。便利なものが市場に出ると、ものすごいスピードで流行りだす。日本人は比較的保守的な民族で、現在の生活が急激に変化することをあまり好まないため、どんなに便利なものでも普及するのには時間がかかるのかもしれない」
先週末上海だったのですが、本当にキャッシュレス。現地の人に色々話を聞きましたが、年配の現地駐在員の方などはその変化についていくのが大変なようですね。
やる前に法律を整備するのが日本。やってから法律を考えるのが米国や中国。
この違いは決定的です。

シェア自転車だって、日本は駐輪場とかがしっかりしてないとどーする…とか色々意見がありますが、中国のシェア自転車なんか道の真ん中に放置されてますよね。もちろん今はそれが問題になっているのですが、問題が出てから考えるのも今の時代は絶対に必要。

「日本は時代の流れについていけるか?」ではなくて、「多少問題が起こっても時代の流れについていく気があるのか?」が問われているのだと思う。
でも多分ダメないでしょうね。それならどーするのか?を考えないといけません。
アメリカのPayPal、日本のLINEが原型とはいえ、
「先にまず試してみて、問題点があれば解決策を打ち出すというやり方」で凄まじい普及とイノベーションを進め、独自のものにしてしまう中国。この現実にまず多くの日本人が気づかないと
都会じゃなくて内陸部との格差、国全体として見た時、人口比での普及率とか、データがあるなら見てみたい。沿岸部や、重慶などの国が力を入れた都市と比べた場合、普及率にかなり差がありそうだと思うのですが、どの地域も北京の様にキャッシュレスが進んでいるでしょうか。
ここが全てですね。日本人の「物事の悪いところを最大化する洞察力」がどれだけ画期的アイディアの芽を潰しているかは想像に難くない
>日本社会が既存のルールを遵守する習慣があるからで、なければ新たに対応するルールを作るのだ。しかし中国は逆に、先にまず試してみて、問題点があれば解決策を打ち出すというやり方だ。どちらのやり方の方がいいとは一概には言えないが、中国のこのスピード感が国の発展を加速していることは確かだ。