新着Pick
410Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
インフォステラ計画段階から期待してます。名前似てますがインタステラみたいな会社が格安衛星打ち上げるためには絶対に必要なインフラであることは間違いないです
【既存投資先】宇宙スタートアップ、小型人工衛星向け地球地上アンテナシェアリングエコノミーのインフォステラが8億円資金調達です。なんと、リード投資家としてフランス航空機最大手エアバス社のCVC国内第1号投資先として選ばれ、さらにソニーや、VCの500startupsJapan, D4Vなどからエクイティ資金調達を発表しました。世界中で宇宙ビジネスがヒートアップし、ロケット打ち上げから各種人工衛星運用までを数多くの宇宙スタートアップが牽引してますが、肝心の人工衛星と地球との通信手段が足りません。しかし、全世界には大学を中心に数多くの人工衛星用パラボラアンテナがあり、このアンテナたちの空き時間を全てネット接続して、クラウド経由で様々な人工衛星オーナーが簡単に、AWSのように利用できるようにする新しいシェアリングエコノミービジネスです。しかも、最初からマーケットはグローバルで、本記事もbloombergから英語版として全世界に配信され、社外取締役にも元NASAで現在エアバスの宇宙のプロが入るなど、経営もメンバーもグローバルに多彩に変化してます。さらに、代表の倉原さんはこの記事でも取り上げられてますが、創業直後に第1児をご出産され、ワーキングマザーとして出産前後も巨大ビジネスに挑みながら「両立」させてる姿は、ワーキングマザー起業家としても、ものすごいパワーです。
これすごくいいビジネス!!DSNみたいに世界各地にアンテナを作って24時間追跡できればさらにいい!!
宇宙ビジネスは最初からグローバル市場を目指さざるを得ないビジネス。Infostellarはそれを実現できる技術とチームに加え、今回のシリーズAで本格的な展開を始める資金も手にできました!この最高のチームを最初期から投資家として応援できていることが嬉しいです!
ちなみに、今回のように日本で始まったスタートアップが海外VCをリードにシリーズAで大型調達をするのはかなりのレアケース。こうした事例をどんどん増やしていくことは500 Japanのミッションの一つです!!

>小野さん
まさにそれが彼らの目指してるネットワークの完成形です!そしてその先の惑星間通信へ!
衛星ビジネスって、宇宙に浮かぶ衛星が注目を集めがちですが、衛星の運用やデータのダウンリンクのために、地上設備はすごく大切だし、市場規模も地上設備のほうが大きいです。インフォステラの倉原さん、石亀さん、宇宙ベンチャー業界仲間(?)として応援しています!
これは素人じゃ思い付かない宇宙ビジネス。この方は、ただ者じゃない。と思ったら、僕と同い年、同じ九州出身、工学博士、ワーキングマザー、子連れ出社などなど、ますますただ者じゃない・・・かっこよすぎ。

複数の地上アンテナと複数の人工衛星の通信は、需要がdeterministicだったら理論上の最適運用解(ダウンリンク最大など)は出せる。ちょうど僕もJPLのDSNに最適運用の話を持ちかけようとしていたところ。

だけど、シェアビジネスとなると需要はある程度uncertainなわけで、需要が少ないうちはシンプルな運用だけど、需要や通信モードの組み合わせが多くなればなるほど、かなり複雑なリアルタイム最適運用が求められるようになっていく。
海底ケーブル敷き設の共同事業と同じ様な感じかな

「衛星との通信に必要なコストが低減されれば、気象情報だけでなくショッピングモールに集まった車の数や農作物の発育状況など地上のさまざまな情報を安価に取得して分析できるようになり新規ビジネスが誕生する可能性がある。」

まあそれはそれで気味の悪い世界。宇宙監視社会というか、監視しているところはかなり楽しいと思います。テクノロジーは中立だけど、ヒトは中立とは限りません。悪用可能なデータの公開には必ず制限がかかります。メリットにはデメリットも大概付いてきます。インターネットは素晴らしいですが、サイバー攻撃を受けやすいぜい弱性を持ちました。デメリットと両面を見るべきです。
人口衛星を宇宙空間に飛ばせる技術や地上との通信技術はあっても、地上との通信手段が非効率だと情報を得るのが難しいので、宇宙開発・ビジネス・科学の発展を遅らせる要因になる。その意味で衛星と地上をつなぐ通信技術のコストダウンや通信インフラの整備・効率化は重要な仕事だと思います。惑星間、果ては恒星間までと夢は広がりますね。
時価総額
8.75 兆円

業績