新着Pick
443Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
高田さんも仰るとおりマーケティングとは、単なるCPC、CPAを最適化する話ではなく「売れる仕組み」を作ること。
そこに広告もCRMも、マスもデジタルも本来隔たりなく設計すべきであり、
経営目線で可能性を洗い出し戦略設計を行うべき、だと思っています。
僕ら転職組の仕事は、膨大な電通の既存リソースをフレッシュな視点でまず俯瞰し、
それをどう料理していけば然るべきマーケティング戦略を描いていけるのかを、脳ミソ振り絞って考える事。
難易度相当高いですが、それをやり切る覚悟を社長自ら発信されていることに会社としての期待を感じていますし、
自由な裁量でその実行を任されている現場の責任にもやり甲斐を感じながら日々仕事させてもらっています。
電通のような巨大組織で、ここまで改革意識の強いタイミングってそうそう無い気がしているので(笑)、
今が1番世の中の変革を担えるチャンスじゃないかと。
これまで修羅場をくぐり抜けてきた人ほど、本気で楽しめる環境だと思います。
「コンサルという立場は“提言”までで役目を終えざるを得ないことに、次第にジレンマを感じるようになりました」とあるが、仮にそうだとするとそれは総研出身だから。それが総研系の限界。このご時世に提言で終わり、実行支援をしない外資系コンサル会社など存在しない。アクセンチュアやIBMなどは、プロセスアウトソーシングまでして、クライアントの業務を担っている。

新刊『デジタルマーケティングの教科書』
https://www.amazon.co.jp/dp/4492557792/
で、デジタルマーケティング「支援」の覇者を予測した。2020年の覇者は、電通や博報堂ではない。マッキンゼーやBCGでもない。アクセンチュアとIBMだ。

なぜならば、デジタルマーケティングを支援するということは、消費者の購買行動をビッグデータ化し、それをAIで解析し、マーケティングアクションにつなげなければならないからだ。これを一番よくできるのはIBM。

デジタルマーケティングを機能させるには、リアル店舗とECチャネルのサプライチェーンのシームレス化と、それを支えるシステム統合を行わなければならない。これをできるのは、アクセンチュアとIBM。

こうしたバックグランドをもとに米国では、アクセンチュアやIBMがデジタル広告領域のエージェンシーとしても活躍している。

この流れに電通が抗うことができるのか?基本的には、セブン&アイがAmazonに対抗しようとし、まったくかなわないのと同じ構図になると思っているが、でも電通。されど電通。やはり電通。頑張ってくれそうな気もする。日本のデジタルマーケティング領域で存在感を発揮してほしい。
この9月からNPを始めた小生にとっては
本内容よりも、こういう求人方法と仕組みに関心が行きます。

NPの縦スクロールスクリーン構成は読みやすくて良いですね、
確かに企業メッセージを表現するのに
良いプラットフォームだと思います。

これを読んでジョインしたい!
と思った人が何人いて何人実際に応募したのか
気になりますねw

勉強になります。

「興味がある」と何が起こるのか?
怖くて押せませんw
広告会社からもコンサルファームからもデジタルトランスフォーメーションの言葉を聞きます。両者の間には大きな川が流れている、という表現を聞いてしっくりきました。対岸からマーケティングを見てみたくなったというコンサル出身の高田さんの言葉が印象的でした。
5年前まで電通にいたときは、デジタルマーケティングを理解している人が本当に少なくて大変だったけど、会社も新しくなり組織も変わって、新しいチャレンジをしてほしいですね! #dentsu
サイバーエージェントから電通デジタルに転職された方の話をもっと聞いてみたい。
「つまり、多くの顧客は実行局面まで共に並走してくれるパートナーを求めています。」

このニーズに応えるために残業事件が起きたのでしょうか
日本はあまりわかりませんが、海外の電通イージスはかなり積極的にデジタル化を進めている印象です。
今のDigitalマーケティング業界、良い意味で異業種格闘技の世界。成果を出したものが勝つ。

いろんな知見が集まり未来を事業会社と作れば良いと思います。

高田さんに期待してます!
この連載について
株式会社電通(でんつう、英語: Dentsu Inc.)は、日本の広告代理店である。 ウィキペディア
時価総額
1.52 兆円

業績