新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

353Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
人口減が最も大きな課題であるのは間違いないですが、その理由は、倫理観と美意識によって「若い人が結婚もせず子どもも産まず、のらくらと年をとって」いる訳ではないと思います。

これは若者の課題ではなく、若くして子どもを産むことが難しい社会構造を直視すべきでしょう。教育費は個人負担が大きく、保育園にも入れる保証がない、年金は払わされるが自分達がもらえる可能性は低い。

はっきり言えば、次世代への投資を最も疎かにしてきた結果とも言えるのではないでしょうか。
日本の問題の多くは、若い世代に問題があるのではなく、堺屋さんたち上の世代が、「今の若いモンは」みたいな物言いで、自分たちの権益を手放さないからではないでしょうか。
概ね過去数年の日本に対する提言において指摘されてきた事実の総括になっているように見えますので、違和感はなく、一読すれば現状把握には寄与するかと思います。敢えて言えば、「安定した大企業の正社員になりたい」という価値観が誤りという指摘はその通りであるものの、リーマンショック後の先進国を見れば分かりますように、ある種大企業が社会保障を民営化したような格好になっている日本では失業率は極めて安定していました。これ自体、合理的な人間ならば大企業に入りたくなるのは当然かと思います。
 今の欧米経済・社会がさして巧く回っているとは言えない中で、とにかく起業しろと言われても直観的に腹落ちしない向きは多いのではないかと察します。
また「人口減少が問題だ―」論ですか…
何十年同じ話を言い続けているんだしょうか?
人口減少は不可避なんだから、いい加減それを前提として議論にしないといけないと思う。
個人の価値観などではなく、社会構造の在り方に、少子化の理由があります。

労働市場が流動化していて、移民が多く、子育てに対応できる地域社会をもつ「米国型」。あるいは、育児・教育に対して徹底的に支援をおこなう「北欧型」。いずれかの国では出生率が高い状況です。中途半端な日本やイタリアの出生率は低く留まっているのです。

与党にせよ野党にせよ、ようやく子育て世代に対する支援を財源も含めて徹底的におこなうことを決断するようになってきました。個人の価値観という20年前の議論に戻すべきではないとおもいます。
今回の衆議院選挙の結果次第でアベグジットとなれば、東京オリンピックパラリンピック前に日本経済はデフレに逆戻りする可能性があると思ってます。
佐々木編集長の『日本3.0』はわかりやすく、丁寧に2020年以降の日本への説明が記されていました。日本が3つ目のステージを迎える考え方。

佐々木編集長の本を読んでいたこともあって、自然に入ってきた記事でした。

「第3の日本を作るために、日本人の倫理観と美意識を変えなくてはならない」
倫理観、美意識を変えることはモノサシが変わることなので、新しい社会になっていく。

結婚出産に関しては多くの人が悩んでいますよね。僕も例に漏れずですが。
起業に関しても挑戦しようという人は少ない。どちらも価値観が大きく関わってきます。

「好きにすればいい」「仕方がない」が幅を利かせる社会であるといいなと思います。
堺屋さんの『団塊の後』はお勧めです。未来を考える上でのヒントが詰まっています。
政治主導はいいのですが、政治家の質の低下が著しい現在、それだけで問題が解決するかどうか。官僚・民間・政治の回転ドアシステムをもっと進めなければならないと感じます。
まずは子供を産むことって、随分と簡単に言うもんですね。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。